自己紹介 | もくもく時間!

自己紹介

シェアする

当ブログはリンクフリーです。

VAPER・えっふん

しょうもないクローンの改良に勤しむである。

好きなカスタムは 分解 である。

友人に触発されてデンタバをはじめるが、使い勝手の悪さに愕然とし情報収集を始める。

インターネット曰く「国内で1万円もする電タバは、海外じゃ型落ちになったやつを国内でパッケして売ってるだけ、今510が熱い、最強。」とのこと。どうやら510というやつは今後世界を制するらしい。

速攻でマニュアル510バッテラとアトマイザーを購入。もちろん国内じゃ売っていなかったので個人輸入である。そして初のニコリキ、はっきり言って感動である。これタバコ要らないんじゃない?ってことで自然と脱リアタバしてしまう。

が、ふと煙量に疑問が沸いたのです。どうやらアメリカ人の電タバを見ると、俺の電タバより煙が大量に出ているのだ。許されることではない。

どうやら奴らは抵抗値が低いLR(ローレジスタンス)アトマイザーってのを使っているらしい。お前も使ってみろよ世界が変わるぜ?と教えてもらい速攻で注文する。

1.5Ωという、バッテリーの限界ギリギリまで攻め込んだ低抵抗アトマイザーの煙量は圧倒的であった。しかしあっという間にリキ切れしてイガることに気づく。どうやらLRを買ってしまった皆も同じような状況らしい。リキッドを保持しているマウスピースの綿にコーヒーフィルタを使うといいらしい。うん、マズい。俺のやり方がいかんのかもしれないがマズい。紙の味がする。

水槽のフィルタを使うといいという意見もあったが、そのためにペットショップに行くのはなんだか負けた気がするのでやらない。どうしたらいいのか悩んでいた私の耳に、ドリップとかいう単語が聞こえたのはその時です。

ん?またコーヒー絡みか?と思いましたね。

どうやら使い勝手の悪いカートリッジの綿なんか全部取っ払っちまって、ボトルから直接リキッドを補充しつつ喫おうぜという、まさにコロンブスの卵的な発想。

その時、俺に電流走る

速攻でカッターを出して、カートリッジの吸い口を切断、ヤスリ掛けをして即席でドリップ仕様になった俺の510。

こいつはいいぜ、リキッド保持容量は5滴とちと物足りないが、断然味がよくなった。

そうすると、どうやらドリップ用のマウスピースが売られているらしいことに気が付く。確かにヤスリ掛けしたとはいえ、元が薄っぺらいマウスピースを切った奴だから口触りが良くない。

そのマウスピースは、DripTipって言う名前らしい。

速攻で購入。ドリップチップは別に消耗するものでもないというのを知らず、迷わず10本入を購入。

今でも残っている。

DT+510。

電子タバコの進化もここまで来たか。

だがしかし、

速攻でバッテリーが切れることに気が付く。510バッテリー3本、ロングバッテリー2本だが、常に気が抜けない状況が続く。すると、パススルーというUSBに挿している限り無限に吸えるアイテムがあるらしい。夢のような話だ。

速攻で購入。

確かにこいつは凄い、コードの長さが許す限り、無限に吸えるのだ。
そう、すっげぇコードが邪魔なのである。

そこでバッテリーMODという存在を知る。
アメリカの奴らは最近では18650などのリチウムイオンでカマしてきてるらしい。18350の2本使いで高抵抗アトマをドライブする兄貴もいるらしい。まさに怖いもの知らずである。だが懐中電灯のようなアレを自分が持つところを想像して震えた。シガレット型の510でさえ、ちょっと外で使うのが気恥ずかしいのに、

あんな太かったらどうなってしまうのか。

そこで調べまくって発見したのがステルスVAPEというジャンルを開拓せずに走り抜けた
出るのが8年早かった名機

JANTYSTICKである。

続く?