BTFC RDA By Augvape・VapnFaganコラボ! | VAPEブログ・もくもく時間

BTFC RDA By Augvape・VapnFaganコラボ!

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

あ!これ押しといていただけると助かります。

VAPE系YoutuberのVapnfaganさんとコラボしたBTFC。BTFCとはBottom Top Flavor Cloudの略。モワモワしてしかも旨味ということでしょう。今回はそんなAugvapeの新作アトマイザーBTFC RDAをご紹介致します。

商品提供:Augvapeさま

Augvape BTFC RDA パッケージと同梱品

いつものラーメン柄の筒でございます。もちろんオーセンティック品であることが確認できるコード付き。この箱も集まってくると楽しいです。

VAPNFAGANさん(以降VFと記載)のロゴがドンと。VFさんの動画は結構好きで多くの動画をチェックしていますが、以前イージス(防水機能がウリのタフMOD)の紹介をされたときにMODと一緒にシャワーを浴びるという視聴者サービスも忘れないナイス・ガイです。

VFさんの豊満なボディから繰り出される爆煙は見ていて気持ちよいですよ。ヒゲにキャップ、タトゥーの見た目通りロッカーで、実はYoutubeを始められた頃はギター動画なんかをやってらっしゃったのですね。

では開封して参ります。

パッケージ内には本体の他に予備ネジ、予備Oリング、そして透明810ドリップチップ、BFピンと六角レンチ。

Augvape BTFC RDA本体

ドンと四角いフォルムのRDAで、どことなくクラシックな佇まい。ロゴが入っていますが彫り込みではないみたい。サイズは25mm×33mm(510ピン含まず、ドリチ含む)と大型のRDA。

Bottom Topの名前通り、2方向からのエアフロー。下部がメインのエアフロー、そして上から補助的に空気を取り込むタイプです。

アトマ上部。段付きの810ドリップチップは分厚くてド迫力。アトマイザー上部からシームレスに繋がるようなデザインです。

付属の透明ドリップチップは細身ですが、トップキャップの段になった部分がこれはこれで見た目が良いと思います!

アトマイザーの底面。こうしてみるとキャップの厚みがかなり薄いアトマですね。ウェル外周の厚み等も薄くなっていて、内部はとても広いRDAです。

付属のBFピンに入れ替えることでスコンカーにも対応します。

トップキャップとスリーブ

トップの部品は上側のAFCになっています。回す部分は小さいですが、Oリングの調整がいい感じでエアフロー調整にはそれほど苦心しません。

トップ部分は内径が結構小さいです。大きなRDAですがコイル上の容積はやや絞り気味でフレーバーを良く出そうという意図でしょうか。重厚なトップキャップはいい感じです。また、スリーブに食い込む形で装着されているのでグラグラ感も少なくて良いです。

デッキ

トップキャップ、スリーブ、デッキに分解できます。ボトムのOリングがエアホールを挟んで上下に配されており、空気のリークなどが起きづらい構造となっています。

センター集中型のデュアルコイルボトムフロー。コイルがど真ん中に2個ドドンと配置され、その真下からエアーが出てくるのでダイレクトなミストが期待できそう。

ワイヤーを留める穴は側面まで貫通しています。上から差し込んだコイルの足がここから出てくるのでカットするのが楽。スリーブまではまあまあ近いので、余ったワイヤーはなるべくスレスレで処理するように気を付けた方が良さそうです。

ウェルはご覧の通り超深の大容積。BFの際は左右のブロックの隙間から出る形です。ただ、これはBF運用するまでもなく、ドリッパーとして使っても相当な量のリキッドを保持してくれます。

エアホールが相当高い位置にあるのが分かりますね。このコイルの挿し方は案外見たことないのですが使ってみて非常に便利でした。

ビルド&ウィック

これは大型コイル前提のエアホール配置と思われますのでフューズドクラプトンで。組みやすさは本当に素晴らしいです。穴が行き止まりのポストレスのように足をカットする必要もないですし、横向きのビルドと違ってコイルがポロッと落ちちゃうこともないのです。

片側づつビルドできるので初めての方にもビルドは簡単。先ほども申し上げましたが、はみ出た足はなるべくギリで切り落とすようにだけ注意すればOKかと思います。それにしてもフューズドでもコイルが小さく見えてしまうという超巨大なデッキです。VFさんはこれよりも更にデカいコイルで組んでいたので、クラウド志向の方はそれなりに大きいコイルで組んであげるとデュアルエアフローが更に活かせそうな感じです。

ボトムフローということで懸念していたのはドリップした際の漏れ。そこで写真のように水たまりができる勢いでドバーっとドリップしましたが、下のエアホールからは一滴も出てきませんでした。出そうなのに不思議。それにしても何cc入るんだっていうウェル。

喫ってみた感想

それにしてもデカい!デュアルバッテリー機の方が似合いましたかね。

スゴォー!結構風切りの音はしますが、変な鳴りではないです。

超旨味。

これは旨いです。PHOBIAに構造的には似た感じですが、かなり旨いです。完全にボトムフローになっているのが好みに合うのかな。

トップの穴は少しミストを冷やしてくれるような効果があります。このアトマ、実際に喫ってみるとイメージしていたよりもはるかにドローが重いんです。

上下全開にしてもスカスカのクラウドチェイサーという感じは全くないですし、上を閉じてボトムのみにするとドロー重ためのDLアトマと言ってもいいくらい。

ドリチから覗くとすぐそこにデデンとコイルが見えるくらい直近なので、熱いミストが直で上がって来ます。そこで上側エアフローの穴を少し開けて調整してやるとミスト温度やダイレクト感が減ってくるので、好みの旨味ポイントが見つけやすいです。

上のエアフローは真横から直でコイルに当たっているわけではないのですが、これがなんとも効果的。ボトムを閉じちゃってトップエアフローだけでも普通に喫えることでもトップエアフローがうまく働いているのが分かります。

これはトップエアフロー内の径の狭さも良いのでしょうね。エア出口からコイルが近く、またコイル周りの容積もある程度絞られて旨くなっているのだと推測します。

こんな感じが好きです。ボトムはここらへんまで閉じても全開とあまり変わりないです。上部のエアーはコイルの側面には当たらないくらいにズレちゃっていますが、この状態でもおいしいです。

VFさんということで、もっとガッツリとクラウドチェイサー寄りのスカスカエアフローかと思ったら全然そんなことはありませんでした。個人的に25mmは大きすぎて少し使いづらい部分はありますが、アトマ自体はとっても良く出来ていました。

デュアルバッテリー機や26650MODに乗せるにはバランスがいいと思います。Augvape製品だけあってクオリティ自体も大変高く綺麗な仕上がりも嬉しいアトマでした。

Authentic Augvape BTFC RDA(Fasttech)

Authentic Augvape BTFC RDA(3FVAPE)

///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////