【VAPE】爆煙ドリッパーOBS Cheetah2でたまにはクラウドチェイス | もくもく時間!

爆煙ドリッパーOBS Cheetah2でたまにはクラウドチェイス

シェアする

↑ あ!これ押しとていただけると助かります。

なんとなく私の中で爆煙系が強いというイメージのOBSですが、今回のRDAも正にソレ系。爆煙する用に作っときましたんで吸ってくださいどうぞ!というドリッパーです。

と、見せかけながらエアホールを絞るとまあまあ普通にも喫えるという憎い奴cheetah2 RDA by OBSをレビューしたいと思います!

OBS Cheetah II RDA  ご提供元

今回の商品はEfunさんからのご提供です。

OBS cheetah2 外箱

obs-cheetah2 obs-cheetah2

箱凝り過ぎィ!引き出しみたいなってる!!よーし引き出しちゃうぞ。

obs-cheetah2

ダダーーーン!チーターツーー!!with シリカゲル!!cheetah2 RDA本体、そして付属品の小箱です。そちらも開封していきましょう。

付属品

obs-cheetah2同梱品

  • ドライバー
  • コットン
  • 取扱説明書・注意書き
  • コイル×2
  • 予備Oリング
  • 予備ネジ1SET(4本)

アトマイザーの方を見ていきます。

OBS cheetah2 RDA

obs-cheetah2

あれ・・・なんかちょっとカッコイイ。そして仕上げがとてもキレイで輝きまくってます。でもなんか最近、こういうスクエア型24mmにPEIのワイドドリップチップという組み合わせを見過ぎて、新鮮さは無いですね。

直径24mm・高さ23mm(ドリップチップ・510部除く)

スリーブ

obs-cheetah2

反対側にはチーターさんのマークが入ってます。ツーだけに2匹です。このエングレーブもパリッとしててかなりキレイです。

obs-cheetah2

キラキラしてます。そしてチーター部はマットな感じになってます。変に鋭くなってる部分などがなく、質感はかなり高いですよ。

510ピン

obs-cheetah2

底部はこのようになっています。+ネジはネガティブ側、センターピンはポジティブ側のブロックを留めています。緩むとショートの可能性があるので、きちんと締まっているか確認するといいと思います。(デッキの項にて後述)

obs-cheetah2

ポジピンは普通に出てますね。でもこのアトマイザーはハイブリッドはおろか、メカニカル自体をオススメしません。セミメカもしくはハイパワーなテクニカルMODで使うのが良いのではないでしょうか。

トップキャップ

obs-cheetah2

上部は中・外ともに丸くなっていてイイですね。咥えた時に口当たりも良いです。そして滑り止めか、チーターの爪痕が深々と刻まれております。

上に出てる部分がかなり薄いですが、ドリップチップがきっちりはまるのでドリチを持ってエアフロー調整やトップキャップを外すというような使い方ができます。

Oリングは程よい柔らかさです。BFとか無い生粋のドリッパーなので、トップを外す頻度が増えることを考えると外しやすくてイイですね。

トップキャップを掴んでポンと外そうとしたらスリーブごと取れた、とかそういうことが無くキッチリ調整されています。

ドリップチップ

obs-cheetah2

810ドリップチップ。ゴリッと塊感があってカッコイイですね~。かなりロープロファイルで角ばってるのですが、口当たりが悪くない程度に丸みを帯びていて良いです!

外径18mm・内径10mm・飛び出てる部分の高さ7mm。

Oリングはキツキツで、外すのが大変くらいです。ドリップチップがガタってるのとか、持つとすっぽ抜けるのとか大嫌いなので、これは最高です。

510のアダプターは付属していません。OBSさんは細いドリップチップがお嫌いのようです。

デッキ

obs-cheetah2

フツーのサイドフローRDAのチーター2において、唯一個性的なのがこのデッキ。ワギャンが2匹います。

外側の+ネジを緩めるとクランプが下にカパァと開く構造。上クランプはバネとか仕込まないとワイヤーが挿しづらいことがありますが、こいつはイラッシャーーーイと言わんばかりにパックリ開いてくれるのでビルドがとても楽にできます。

ぶっといコイルをクランプで組んでもよし、クランプと内側の穴で組んでも良しという使い勝手が案外良いデッキです。

ツールがすべて上からアクセスできるのも楽に組めていいですね。

obs-cheetah2

ジュースウェルはこんな感じで、それほどドン深ではありませんが広さはあります。ある程度のリキッドは保持してくれる感じです。

構造を見ていただいて分かる通り、センターピンが緩んだりすると即ショートのRDAなので、たまに緩みチェックをしてあげた方がいいと思います。

エアホール

obs-cheetah2

デッキとトップキャップのAFC部が激近です。一番中に見えてるのがデッキのブロックです。AFCとの隙間は0.5mmあるかないかという超攻めな設計です。お願いですからやめてください。

2mm×9mmの大型エアホールです。シングルの設定はなくデュアル専用です。音も小さく、スムーズに大量のエアを取り込めます。

エアホール40%開けが、サーペントSMMの全開と同じ重さです。

OBS cheetah2 RDA吸ってみます!

LRでボワーってするRDAなので、ややゴツ目のコイルにしましょう。

タイガーコイルっぽい何か×2で0.33Ωです。吸ってみます。

・・・。

18650複数本のMODで吸う感じですかね。せっかくトリッカーの方とかにも良さそうなのに、メカとかに乗せてババーンと使うとショートしてババーンになりそうな予感がするので怖い。

とりあえずメカで使ったと想定して50W弱くらいで。うん、ミストの量すごい。とにかく凄い。エアフローは息をしてるのと変わらないほどスムースです。

これ、クラウドチェイス用です。

OBS cheetah2 総評

すがすがしい程に爆煙アトマイザー。エアフローが●になるくらいまで絞って吸ってみたんですが、これが結構いけちゃうというか、うまめ。他にアトマイザーを持ってないなら絞って吸うのもまったくもってアリです。充分に味出ます。だけど他にフレーバー用のアトマがあればそっち使います。

ですが基本的にはクラウドチェイサー向けのアトマイザーと言えます。ミスト量と言う点においては100点です。

いいところ

  • 加工・仕上げ・キレイ!
  • 下に開くクランプ搭載のデッキは組みやすい
  • 各部Oリングの調整具合がいい
  • スムーズなエアフローからの爆煙

わるいところ

  • BFのオプションがない
  • デュアルコイル専用
  • 510ドリップチップアダプターが付属しない
  • なんだかショートに対して不安な残るデッキ部分の設計

爆煙志向の方はぜひ。