AvidVape GHOST INHALE RTA 見た目に反してフレーバー系! | VAPEブログ・もくもく時間

AvidVape GHOST INHALE RTA 見た目に反してフレーバー系!

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

あ!これ押しといていただけると助かります。

AVID VAPEゴーストインヘイルというネーミング、極太ドリップチップにバブルグラスのタンク。爆煙タンクにしか見えない佇まいですが実はフレーバー寄りのシングルRTAという「ギャップ萌え」タンクです。

商品提供:AvidVapeさま

AVID VAPE GHOST INHALE RTA

プラスチックのケースに入って参ります。今回も割れてない!押してみましたが結構厚手な素材なので耐久力高いかもしれません。

アトマイザー外観

なんというかシンプルな感じですね。全体的にシュッとしてて嫌いじゃない。実はこのRTAはサイズが23mm径となっており、無印iStick PICOなどにもギリギリで載ってしまいます。そんなところが少しシュッとして見えるんでしょうね。

高さはドリップチップと510接続部を除いて40mmジャスト。

カラバリ。

付属品

  • Ghost Inhale RTA本体
  • 丁字型工具(六角&プラスドライバー)
  • マニュアル
  • 5mlバブルガラスタンク
  • コイル1個
  • 予備Oリング
  • 予備ネジ
  • ジャパニーズコットン

面白いコイルですねぇ。フラットワイヤーにアウターが巻いてあるクラプトンコイルです。

モッコリガラスは最近の流行でしょうか。5mlという大容量タンクに変身。その際ガラス部の外径は26mmとなります。

バブルグラスタンク付けてみる

フームいいじゃない!チャンバー部のゴツさもあるので、私はこの大容量タンクでのルックスが気に入りましたよ。

実はこの状態でも奇跡のカワシでPICOに搭載可能。(フタ開かない)隙間0.0001mmです。個体差によって乗らないかもしれないのでムチャしないようにしてくださいw

アトマ上部

このノコギリみたいな意匠、結構凝ってますね。指掛かりがいいので回しやすいです。切削もとてもきれい。


ドリップチップを外したところ。もうお気づきの諸氏もいらっしゃるかもしれませんが、何か足りないですよね?そう、Oリングがないのです。810っぽいサイズですがOリングがないのです。そもそも寸法が810より若干大きいため、実質専用ドリップチップです。

フィルポートのネジは内側に切ってありますので、非常に軽い力でクルクルと回すことが可能です。リキッドを入れる部分も、適当にザーっと流せば穴に入っていきますのでチャージに関しては非常に良く出来ていると思います。

アトマイザー下部

非常にオーソドックスな感じのアトマ底部。Ghost Inhale Designed by Avidvapeのレーザーエングレービングです。

ピンはきれいで良く出来ていますが、AFCがアトマ底面から結構段差あり。段差があること自体はアトマをMODに付けた状態で回してすり傷が付いたり、当たって回らなかったりと言うことが無いので良いことですが、結構段差が強いのでちょっとだけアトマが浮いてるように見えます。気にしなければ気にならないくらいの感じ。

チャンバー部


バラしたところです。各部のネジ・Oリングの具合は素晴らしく、とってもスムーズです。

結構カッコよくないですか?チャンバー外側の削り込んだ形状なんかもカッコいい。だけどロゴがなんだか消えかけている感じなのが少し寂しげ。

チャンバー内部は特に何の変哲もなく、3年前のアトマみたいな感じです。

エアフローコントロール

AFCリングはとってもイイです。リングの硬さも丁度良いですし、回りもスムーズ。エア出口とのバランスも良くて絞り具合にきっちり比例してエアフロー調整可。全閉も吸えないくらいの密閉度です。リングの素材自体も分厚くて見た目もカッコイイ。

デッキ

なんだこの角度、たまげるなぁ・・・。

この外観、超巨大チャンバーから登場するのはなんとシングルデッキ。2ポストを豪快に配しており、非常に組みやすそうです。

ポスト裏側は思ったよりスペースがありませんので、ワイヤーは気を付けてきっちり短くカットしたほうが良さそうです。

エアホールがなんか丸く切り欠いてあるんですが、これはコイルをハメろってことでしょうか?

AVIDVAPE GHOST INHALE ビルド&ウィック

なるほど!なんでポストがのけぞっているのかと思ったら、大きいコイルを入れるときにコイルがエアホールに当たったりしないようにと言う事みたいです。確かにすごく入れやすいです。六角ネジの精度もいいですね、かなりギュウギュウ締めても舐めそうな感じはないです。

エアホールの形状にそって下げてみました。きっちりと留まってくれているので、ジグでえいっと曲げるだけ。

やりすぎかなコレw

単線ビルド

一応付属コイルで様子見てみましたが、単線で組みましょ。Ni80の24ゲージで行ってみます。

更に下げてみた。だってココ丸くなってるし、こうしたくなっちゃいます。

ウィックホールのサイズ・形状もいいですね。無理なくコットンワークができます。

実際に喫ってみる

パフしたら滝みたいにミスト出てきた。エアホール直近に組んだからそりゃそうか。

さてさて、どんな感じになりましたでしょ。

おお、こりゃ旨い。ドローは全開でも思ったより全然重たいですね。コイルで塞いでるというのもありますが、塞いでなくても結構重めです。そしてAFCがホントいい。どこに調整しても変な音もならないしドローがスムーズです。やたらと焚かなくても味が出てくるしなかなか好みです。

それにしても23mmというのは今となっては謎の中途半端サイズだし、バブルタンクを付けると何のMODに乗せようか非常に悩ましくなります。あとドリップチップを互換性のあるものにして欲しかったですねー。

フレーバー寄りシングルだけど割とデッカイ見た目&5mlタンクというニッチすぎるRTAをお探しの方には是非。

///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////