【VAPE】NIXON v1.0 思わぬ伏兵だった最強MTL-RDTA!(GAS MODS) | もくもく時間!

NIXON v1.0 思わぬ伏兵だった最強MTL-RDTA!(GAS MODS)

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

あ!これ押しといていただけると助かります。

しょっぱなから結論を言ってしまうと、現在我が家のエースアトマイザーです。

GAS MODS NIXON V1.0 RDTA

マスプロ品では数少ないMTL用のロープロファイルRDTAです。

直径22mmのアトマイザーなんですが、なんと高さも22mm(ドリップチップと510除く)。

この超コンパクトアトマで2.0mlリキッド保持できるというのが一つの魅力です。とは言ってもコンパクトさだけではなくて使い勝手と味も忘れないNIXONを細かくチェックしていきます!

パッケージと付属品

なんか手作りでシール貼っただけっぽいパッケージなんですが、逆にマスプロっぽくなくて高まっちゃうケース入り。

▲ちっちゃ!タンクはプラ製で予備が1つ付属しています。

▲Oリング類とネジ。恥ずかしながら、この袋から出した瞬間にネジが1本吹っ飛んで行方不明になってしまいました(*´Д`)

予備の方から無くすという斬新なスタイルです。懲りて袋から出さずに撮影してみましたw

本体外観

▲かっけぇ。色はブラックとシルバーがありますが、ブラスト仕上げということでシルバーを買ってみました。

外観は極めてシンプル、側面・上面ともロゴの類が一切ありません。マスプロといえばドカンと製品ロゴやメーカーロゴが入っていることが多いのですが、NIXONの場合はこのシンプルなルックスにロゴは不要!ということなんでしょうね。最高にcoolです。

NIXON分解!

▲通常分解です。ドリップチップ・トップキャップ・デッキ・タンクです。タンク部はOリングでハマっているだけです。

ドリップチップ

▲飛び出し分の長さが7mmの超ショートタイプ。ルックスは相当具合いいんですが、やや短すぎる感もあります。

▲内径は下部が4mmからじわっと上部に向けて広がっています。

Authentic GAS Mods PEI/POM 510 Drip Tip for Nixon V1.5 Atomizer (3 Pieces)

▲別売でドリチ3色セットがあります。同じくオプションの樹脂トップキャップと合わせて、お好みにカラーコーディネートできるようになっています。

トップキャップ

▲トップ部は逆ネジで外れるようになっています。これはエアホール調整がベロシティ式でキャップ半開で使うためなのです。Oリングと違って不意に外れることがないので、私は結構好きです。

▲トップ裏は返しになっています。ドーム状になってないけど大丈夫かい!って思われるかもしれませんが、このアトマイザーに限ってはトップ裏形状はこれで良いのです!

▲キャップを閉めると、こんな感じになります。ドリップチップ穴の分しかコイルまわりの空間が無いので、トップ裏の形状は無視できるという寸法。

ウィックホールがちらっと見えてますが、ここの切り欠きにコットンが入るので、まるで直径8.5mmのアトマのように見なすことができるのです!エアホールからトップまでの距離はたった10mm。ドリップチップによってはコイル直撃してしまうほどの極小空間です。

オプションキャップ

Authentic GAS Mods Replacement Top Cap for Nixon V1.5 RDTA

ウルテム(写真)・ポリカーボネート(透明)・デルリン(黒)のキャップもオプションで用意されています。6ドル程度と買いやすいお値段なのも嬉しい。熱も遮断されるので純正のようなショートドリップチップを使うなら、一緒に買うのもアリかもしれません。

デッキ

▲このスタイル!中央のチャンバー状の部分は9mmです。ネジ止めする部分のスリットは1mmくらいしかありませんので、ごん太コイルは組むことができません。しかしこのアトマに関しては単線がカチッと組めればOKなので、控えめに言っても100点です。

▲ウィックホールと、その横に小さな空気穴が空いています。昨今のRDTAと比べるとかなり小さなウィックホールですが、供給は非常に良好です。

▲このアトマの特徴である中央の7ツ穴エアホールも美しいです。NIXON-V1.5という兄弟アトマもあるんですが、ここが大きな1ツ穴になっていてドローが軽いバージョンになります。

V1.5について

外観が同じNIXON V1.5、というアトマもあります。これは同時にリリースされているバージョン違いだと思います。新型というわけではなく、エアー入り口が2か所でエア出口が大きく開いているのが1.5、エアー入り口が1か所でエア出口はマイクロ7ツ穴になっているのが1.0です。1.5の方はリキッド消費が多くなる分スコンカー対応していたりと細かく違うようです。

エアフローコントロール

▲ここがエアホールです。トップキャップを半開にすることによって、隙間から吸気します。外観的にはエアホールがない見た目になり、シンプルな見た目に一役買っています。

▲これが全閉の状態。全く吸えません。

▲全開。これ以上緩めるとトップキャップが外れます。ドローの重さという意味では、もう少し締めても変化ありません。ここまで締めればOリングがしっかり噛み合うので、ガタつきは一切ありません。

リキッドチャージ

▲チャージホール。とても小さな穴なのでボトルはかなり選びます。穴の中から、タンクに向かって穴が見えると思います。ボトルさえ合えば、サクッとチャージできて快適そのもの。

デッキ裏

▲ウィックホール横に付いている小さな穴は、空気抜き穴です。もう一つ中くらいの穴が空いているのが先の写真のリキッドホールとつながっています。

ボトム&タンク

▲510のピンはちょっと精度が良くないですね。アトマをねじ込んだ時に少しジョリっとした感じがあります。

 ▲タンクを抑えるボトムパーツは、プレートと言ってもいいくらいの薄さです。このプレートとデッキパーツの間にタンクが挟まれる形。

▲ボトムプレート。

ビルド&ウィック

デッキのエアホール出口から、ドリップチップまでの距離が5mmくらいしかない極小アトマです。コイル内径は3mm程度がMAXと考えていいでしょう。Ni80ワイヤー・26ゲージ・3mm軸でビルドしてみます。

▲コイルはブロック上部とツライチ以下にしないとドリップチップと干渉する可能性があります。エアホールが拡散するようになっているので、極力下げる方向でいいのではないでしょうか。

コットンは今回穴に突っ込まずにもさっと上に乗せてやるだけのビルドです。

リキッド供給の穴や空気穴もあるので、全体的に供給は安定しています。ウィックホールにねじこむ場合も、一般的なRDTAよりもキツメに入れても大丈夫な印象。

▲コットンでブロックの切り欠きを塞ぐ感じになっています。コットンが多くても少なくても関係ない!というくらい良好です。

喫ってみる

もうさいこうです・・・。とってもさいこうです・・・。

ドローの具合といい、なんといい、私の喫い方とのマッチが凄いです。結構熱いミストが上がってくるタイプなので、少し内径太め・長めのドリップチップを付けて、チャンバー内のミストをそのままフンワリと吸い込むような喫い方が最高です。ちなみに、細いドリチ付けると火傷します。ドリップチップを覗くと、つきあたりに即コイルですからね。

ここのところ、Siren2やBerserkerなどの秀逸なMTLタンクを喫ってきましたが、それらとはまた趣の違う喫い心地なので、両方持っていてもなんら問題なしです。

スカッとしたリキッドというよりは、ベッタリコッテリネッチョリしたリキッドがぴったりのアトマです。

Authentic GAS Mods Nixon V1.0 RDTA (3Fvape)

GAS Modsシリーズ (Fasttech)

v1.0は3Fの方でしか取扱がないみたいです。1.5およびオプションパーツについてはFTでも売ってました。

追記

▲色がちょっと合ってませんが、ビューティリングとの相性も良いです。エアホールを塞がないので、好きなデザインのものを装着することが可能です。

22mmと小ぶりなアトマイザーなので、大型MODに付ける時はこういうのもアリですね!

『NIXON v1.0 思わぬ伏兵だった最強MTL-RDTA!(GAS MODS)』へのコメント

  1. 名前:caster seven 投稿日:2017/11/02(木) 15:36:55 ID:2a6479aef 返信

    NIXONのブログアップ待ってました(´▽`*)
    見た目からカッコいい!
    22mmで、背が低いのと、MTL!
    使ってみたい(^-^)/

    動画でも見たいです(^_^)v

    • 名前:えっふん 投稿日:2017/11/03(金) 12:56:09 ID:af5fc1510 返信

      本当にこれ見た目がとっても好みなんですよ~!動画も作る予定ですので、しばらくお待ちくださいませ