OCCULA RDA by Augvape & Twisted Messes | VAPEブログ・もくもく時間

OCCULA RDA by Augvape & Twisted Messes

シェアする

Twisted MessesとAugvapeのコラボ、もちろんアートコイルをガッツリ組むことを重視した爆煙タイプのアトマイザーです!

商品提供:Augvapeさま

Wire, RDA's, Precision Coils

Twisted Messesはアートコイルで有名なブランドで、youtubeでビルド動画も公開されていたりします。コイルいじりをしている人の中では非常に有名な存在ですし、名前そのまま「The Twisted Messes RDA」のシリーズもリリースされていますので、それで耳にしたことがある方も多いかもしれません。

またコラボのアトマイザーもいくつかあったように思います。今回はAugvapeとのコラボレーションということで、非常に入手しやすくなっているのも嬉しいポイント。

OCCULA RDA

超絶大型のクランプデッキ、24mmを活かした広いスペースで大型コイルを自由にビルドできるように工夫されたRDAです。特に立体的に仕上がったアートコイルを組む際には結構なトルクで締め付けたいのですが、そのような要望に合った大きなツールにも対応したクランプです。

パッケージ

割と簡素なパッケージですね。コラボアトマらしくTwisted Messesのロゴも入っています。

開けてみたところ。割とシンプルな内容で、別キャップやドリチなんかは付属しないようです。

  • アトマ本体
  • 取扱説明書
  • Oリングの予備
  • BFピン
  • 六角レンチ(ピン換装用)

アトマイザー詳細

なかなか精悍なルックスですね~。RDAのロゴである照準のようにも見えるマークが入り、大ぶりなエアホールは3連で迫力あり。

高さはドリップチップと510接続部を除いて22.5mm、直径は24mmのドリッパーです。

トップはスリーブとキャップが別パーツとなったスタイル。ドリップチップはもちろん810サイズです。

ドリップチップ自体も金属のリングが入った非常に凝ったものになっています。凄く恰好良いですよね!

トップキャップ・エアフロー

サイドから入った空気がコイルに向かって斜め下に吹き付けるようなサイドエアフロー。大型コイルをハイパワーで焚くのに非常に適したエアフローです。

キャップの切欠きでエア穴が調整できるようになっています。もちろん片側を閉じてシングルコイルで使う事も可能です。

指が掛かる部分は薄いですが、ローレット加工されており指掛かりも良いので気持ちよく調整して楽しむことが出来ます。

キャップは空転防止にノッチが刻まれており、ベース部分の凸と合わさるようになっています。ただこれは位置決めというよりあくまで空転防止となっており、ある程度自由な位置にエアホールを持ってこれるようになっています。

このように端の穴をコイル正面に持ってくることも可能なので、エアホール一つ開けだとコイル正面に穴が来ない、等の問題は起きません。

Oリングの具合もAUGVAPE製ということで全く問題ない調整ですね。スリーブとデッキ部は非常にしっかりとしたはまり具合。

アトマ底部

底部がカッコイイ。AUGVAPE・twistedmessesの文字、そしてOCCULAのロゴがきっちりと彫り込まれたデザインは凝っていますね。掘り込み自体もすごくキレイ。ピンはあまり出てないですね。アートコイル用ということで、ハイパワーなレギュレーテッドMODと合わせるのが前提なのかも。

デッキ

デカすぎなネジ止めのクランプデッキ。六角形になったボルトは凄いインパクトです。+ドライバー、-ドライバーはもちろん、六角ソケットビットも使えるのです。ドライバーって言っても精密ドライバーじゃなくて、普通のドライバーが入るくらいにネジが大きいです。逆に、無理に小さな精密ドライバーで回そうとすると舐めるのでご注意を。ラジオペンチなんかでグッと締めることもできますし、指で回すのも割と回しやすい。

クランプとボルトは繋がっており、ネジを回すとクランプも一緒に上がってくれます。これは結構大きなポイントで、使いやすさに大きく寄与しています。

片側のクランプ幅は6mmほどあり、入らないコイルなど無さそう。高さも2mm以上は開きます。

こんな開く必要あるんけ?と思われるかもしれませんが、ツカやレイザーバックみたいな分厚くなるコイルをデュアルで組むことを考えると、このくらい開くと使いやすいです。

ジュースウェル

それほど深いわけではないのですが、5mm強くらいは深さのある広いウェルにはロゴが見えるようになっているのがポイントです。

アートコイルを組んで楽しむ際に写真撮影は楽しみの一つ。ウェルのデザインやメカメカしい六角ボルトは映える事間違いなしです。

BF対応

ピンはBF・ノンBFとも六角レンチで回せるようになっています。

リキッド出口はこのようにほんの少し高くなっていて、ある程度のリキッドはウェルに残る感じになっています。

ビルドしてみた

4コアフューズドクラプトン。いやはやコレはなかなか映えるデッキですよ。ビルドがヘニャったけどカッコイイもん。

小さ目のコイル(と言ってもデッキが小さいRTAとかでは組めないくらい大きい)だとなんか寂しく見えちゃうかもしれません。そのくらいクランプが大きいです。

使ってみた感想

まず、アートコイル用と言っても味はバッチリですね。エアフローもスムーズで爆煙で美味しく、程よい温度で喫えます。

熱めのミストでダイレクトにいきたい、やや吸い口から離してエアーをしっかり当てたい、などコイル高さ調整幅も大きくて好みの感じにセッティングしやすいです。

ドローに関しては呼吸レベルのスカスカではなく、ある程度は抵抗感のあるスカスカ。風切音も少なく気持ちよく爆煙で楽しめます。

太いワイヤーをビルドするという点においては、アートコイル愛好者ならマストと言ってもいいくらいの出来。非常に広いクランプで位置も自由に決めやすく、またキッチリと締めこむことも可能です。

自分ではコイルを作らないけど、プリメイドの大きなコイルでVAPEするのが好き!という方にもおすすめですよ。


Augvape Occula RDA Tank – SS Standard Edition(BuyBest)

///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////