【VAPE】Yosta Pillar Tank Atomizer 凝り過ぎクリアロマイザー | もくもく時間!

Yosta Pillar Tank Atomizer 凝り過ぎクリアロマイザー

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

あ!これ押しといていただけると助かります。

個性的なVAPEアイテムをリリースしまくっているYOSTAですが、これまた強烈に個性的なクリアロマイザーのご紹介です。

商品提供:healthcabinさま

Yosta Pillar Tank 外箱

▲シンプルなパッケージですが、箔押しになってたりして地味に凝ってる。

▲今気が付いたのですが、ピラータンクだけに、ピラー(柱)が四隅にデザインされているのですね。オシャレ。

▲むっ、シルバーとブラックのコントラストがなかなかカッコイイじゃないですか。

付属品

 ▲コイル。本体にも一つインストール済みですが、同じものが予備で付属します。

 ▲Oリング、タンク内エアフロー用パッキン、六角レンチ、予備ネジ。

▲ガラスは予備で1つ。スモーク仕様です。本体についているものと同じです。

▲めちゃややこしいアトマなのに、説明書は極めてシンプルな図解のみ。

Yosta Pillar Tank 本体

▲やっぱかっこいいですよ!なにこのタンクの中のデタラメ感。サイズは24.5mm径・高さ53.5mm。

ドリップチップ

▲結構大きなドリップチップかと思いきや、外すと510タイプでした。プラスチックと金属のハイブリッドタイプ。熱が伝わりにくく、外観は金属というものです。

 ▲Oリングは少し緩めですが、大きなドリチなので安定しています。手持ちのドリップチップを付けてみたところ、緩かったりはしないのでドリップチップ側のOリングが緩いんでしょう。

エアフローコントロール

▲AFCは上部に付いています。ここから吸気したエアーが、柱の中を通ってボトムまで通貨、そしてコイル内を通って上がってきます。無段階で調整可能。

ボトム部

 ▲底部が少し浮かんでマウントされるタイプですね。最近多いのかな。熱が伝わりにくいですが、MODによってはゴリッと傷が入ったりもするのでねじ込む際は注意してください。

▲ポジティブピンはフローティングなので、ハイブリッドメカには使えません。また、メカニカル自体も避けたほうが無難でしょう。

トップ部

▲ピラーのロゴ。トップフィルタイプなのでねじって外すことができます。

 ▲キャップの裏全体がシリコンパッキンになっているので、漏れたりする心配はまずなさそうです。

▲独特な注入口ですが、これ案外いいですね。小さい穴が空気穴なのかな?と思ったんですが、ユニコーンボトルならこっちに差し込んでチューっとやっても快適でした。

 コイル交換

▲ボトム部分をねじって外すとコイルが見えてきます。底部に開いている穴はエアホール。タンク上部にあるエア吸入口から、タンク内のパイプを伝ってココに出てきます。中央のコイルは押し込まれているだけですので、引っ張るとはずすことができます。

▲0.5Ωコイルです。30-40ワットと、割と具体的な指定がありますね(*´ω`)

▲パラレルかな?コイルが大きいのと、巻数も凄いので立ち上がりはあまり良くないかもしれません。

タンクを外す

▲付属の六角レンチで底部のネジ3本を外すとタンク交換が可能です。正直なところ、洗浄するのにもツールが必要になるのはクリアロマイザーとしては少し面倒なのですが、タンクをバラさないで運用するならガッチリと止まってズレなどがないので悪くはないです。

▲ネジを抜いたら、ドンガラガッシャーンと崩れてこういう状態になりましたw

▲右下のパーツがエアの通り道。デッキ上部パーツに立っている3本の柱は、タンクの上下部を繋ぐためのものです。

▲ガラスなしで組んでみました。柱が乱立して凄い状態ですよね。やっぱり、組むのは相当面倒でした。

リキッドチャージ

▲チャージ前に、コイルにリキッドを浸しておきましょう。

▲そしてコイルを戻しておきます。ここに差し込んで、ボトムキャップを締めるだけです。

▲大きい穴でも、丸穴でも、好きな方からジャバーっと入れちゃってください。リキッドキャパシティは4ml。柱が邪魔してあまり入らないのかと思ったら、そうでもないのですねw

▲リキッドが入ると、更に怪しげな雰囲気が・・・。

Yosta Pillar Tank 喫ってみる

▲30~40ワットと書いてありますので、中間をとって35ワットで。

あー。これうまいやつ。

ゴチャゴチャした構造で面倒だなぁと思いましたが、悔しいことに旨いです。コイルの立ち上がりは相当悪いですね。0.5Ωコイルとは思えません。というか抵抗値が動きまくってるんですが・・・w

おかしなエア経路なので、相当うるさいのかなと想像していたのですが、予想を裏切ってなかなかスムーズです。ドローはここ最近の大径クリアロマイザーにしては相当重い部類でしょう。重めDLという感じで味は良く出てます。大径コイルにありがちな、むやみやたらにウエットになって、口内がリキッドでベタベタになるようなこともありません。

それにしても立ち上がりが悪いです。エアがそれほど通らないので30ワットくらいで吸いたいんですが、40ワットくらいまで上げないとイマイチです。

結構良く出来てますよこれは。ただ、メンテナンスが信じられないくらい面倒なのだけが問題ですw

Yosta Pillar Tank Atomizer 4ml