RECURVE RDA by WOTOFO 傑作シングルコイルRTA | VAPEブログ・もくもく時間

RECURVE RDA by WOTOFO 傑作シングルコイルRTA

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

あ!これ押しといていただけると助かります。

Wotofo Recurve RDA

海外のトップVAPE YouTuberであるMike Vapesさんと、WOTOFOのコラボモデルであるRecurve RDAをご紹介致します。シングルコイル用の24mmRDAで、特にBFにかなり良い感じに仕上がっているアトマイザーです。

商品提供:Wotofoさま

パッケージ

このトイっぽいパッケージ、とってもかわいいと思いませんか?スイカみたいな柄ですが、どうやらRECURVEの文字がデカデカと書いてあるようですね。

裏側もなんだかアメリカンな雰囲気が漂うパッケージです。内容品が列記されております。

箱から出してみましょう!って待ちきれず組んじゃってますが!

付属品

  • 予備Oリング
  • 予備デッキネジ(本体装着のと同一の+ネジ)
  • プラスドライバー
  • L型コイルジグ(2.5mm&3.0mm)
  • 510ドリップチップアダプター
  • コイル(0.24Ω・フューズドクラプトン)
  • ジャパニーズオーガニックコットン

そして取扱説明書と、黒い半透明のドリップチップも付属しておりました。

外観

中央が大胆に絞り込まれた形状です。中央にはRECURVEの文字が入っており、ムニュっと湾曲してます。ドリチもムニュ。

エアホールは小穴が6個開いています。反対側にも同じようにエアホールがあり、中央のシングルコイルに対して両側から挟み込むようにエアフローが当たるタイプのアトマです。

24mm径・高さ21.6mm(510接続部とドリチ除く)ですが、ぐっと絞り込まれた形状のおかげか非常にコンパクトに見えます。実際、キャップが分厚くて24mmになっているだけで、デッキ自体は22mmアトマくらいのサイズです。

キャップが厚いので45グラムと持った感じズッシリしています。


カラーバリエーションも豊富です。今回もキャップの色に合わせてそれぞれマッチするような色のドリップチップが付属しているようです。

キャップ上部とドリップチップ。太めのOリングでドリップチップの嵌め合いもしっかりしています。810ドリップチップなので、勿論好きなドリップチップに交換可能。

アトマイザー底部。こうして見るとスリーブ部分の分厚さが分かると思います。ポジティブピンはそこそこ出ています。そうそう、最初からBFピン仕様ですね。ウェルが案外浅い作りで、どちらかと言えばBFで気持ちよく使うことを考えたRDAということでしょうか。

510ピン・BF(ボトムフィーダー)とスコンカーへの対応

もちろんノーマルのピンも付属しており、マイナスドライバーで簡単に交換することが出来ます。ネジを外してもデッキ側のブロックは圧入されているのか全く動きません。無理に外そうと思えば外れるかもしれませんが、今回はスコンカーで使いたいのでBFピンを戻しておきます。

トップキャップ

スリーブ一体のトップキャップです。これは何というか重厚という言葉がピッタリで、厚みがある分歪みもなくて気持ちよくデッキパーツにはめることができます。こちらはブラックですが、黒染めというのかな?金属感がしっかり残ったブラックで質感にも大満足。

ちょっと見づらいですが、内側にはデッキとの空回り防止で出っ張りが付いています。しかしこれは一点でしかはまらないのではなくて、凡その向きがあっていればはまります。

あくまで空回り防止での凸。

デッキ

コイルに沿うようなスロープに6ツ穴が空いたデッキです。ウェルは非常に浅くて面積も小さいです。

ポストレスで4か所穴が空いており、好きな巻き方向でビルドすることが可能です。 写真上側2つの穴がポジティブポストで、厚手の絶縁材が外周部にまで全面カバーしていてショートの心配はなさそうです。

キャップも金属製の為、エアホール部分まで絶縁材が来ています。こちらがワイヤー留めのネジですね。+-どちらのドライバーでも回せるようになっています。写真下側のネジがワイヤー穴が全開になるように緩めた状態。これでもキャップにはギリギリ当たりません。

ここのネジが緩んだりするとキャップとショートすることがあり得ます。ワイヤーを留めているネジは勿論ですが、使わなかった方のネジについてもしっかり締めておくと安心して運用できるのではないでしょうか。

側面にはWOTOFO。デッキのOリングもこれでもかい!というほど太いのが2本並んでいまして、キャップは気持ちよく開閉することができます。

逆側はMikeVapes。Mikeさんのロゴですね。それにしても見事なカーブ具合。

BFピン出口はこんな感じ。峡谷みたいになっていて、コットン側に流れるようになっていますね。ただあとで写真も載せておきますが、実際使うとコットンに遮られてエアホール側にもリキッドが上がってきます。

Recurve RDAビルド&ウィック

この付属コイルもなかなか恰好良いので使ってもいいんですが、今回最終的にはLuxoticに乗せたいと思っていますので単線でいきましょう。

と思ったんですがその前にStaggeredを付けてみます。これは付属コイルジグです。L字になっているのはコイルを巻く際にジグを支えるのにも便利ですね。このアトマイザーは大丈夫ですが、ジグが引っかかってコイルが押し下げられないという時にも使えるかと思います。

うん!かっちょいい!でもちょっと足が短かったですね。失敗!単線で組みます。

Twitterで教えて頂いたんですが、このジグに合わせて切るとちょうどよさげな長さになるということでした。

バッチリですね!足の長さだけ決まってしまえば、思いのほかビルドはラクチンです。ワイヤーもきちんと留まるので、ある程度強引にコイルを引っ張って位置を動かしても大丈夫でした。

まずはドリップして使うので多めにコットンを詰めました。BFで使う際は少し減らして、リキッドが流れ込むスペースを空けてあげると良さそうな感じでした。

使ってみる

激しい。これはスコンクした際に冷えたリキッドでコイルが直接浸る為だと思います。

これは分かりやすいように大げさに押してますが、下のエアホール付近までは簡単に水位が上がってきます。コットンをもう少し外側によけてあげればリキッドの逃げ道ができるかと思います。

で、驚くことにこの状況でタプタプにしたまま写真を撮っていてもエアホールから外には垂れてきません(リキッドは70VG)。

で、ボトルを離せばある程度はエアホールに侵入しつつあるリキッドはあらかた戻りますし、なんなら一回スッと空吸いしてあげればジュルジュルした感じも一発で消えます。

そもそもここまで押さなければいいだけなんですが、やっぱりたまに思わずリキが入ってリキッドを出し過ぎる事ってあると思うので、そういう際にいちいちエアホールからフィーバーしないっていうのは使いやすいと思います。

では普通のVWMODに乗せて喫ってみます。

ぬっ

これは参ったぞ旨いです。12個も穴が空いてるわりには思ったほどスカスカじゃない。といってもそこそこはドローが軽いんですが、それでも十分にフレーバーが乗ってきます。

中途半端な調整は穴がヘンな組み合わせになってしまうので、一段階閉めて4ツ×2にしてみましょう。

はいコレうまいやつでーす(うますぎて投げやりになる人)

2ツ×2も試してみましょう。あっ・・・こうなるのかー。エアーがコイルに当たってない感が出てしまいますね。コイルの端に向かって出てくる部分しかエアーが出てないのでそりゃそうですね。

6個中、真ん中の列だけ2ケ開けるっていうのができたら良かったなぁ~!つまようじでも詰めるか。

と言っても4ツ開けでいい具合のドローですし、かなり良いですよ。キャップ開閉の感じも良くて使っていて快適ですし、スコンク運用時にはかなりコットンが減らせそうで新鮮リキッドでバシバシ吸えるんじゃないでしょうか!シングル派の方に強くおすすめしちゃいます。

取扱い店

WOTOFO公式サイト


Authentic Wotofo Recurve 24 RDA(Fasttech)

Wotofo Recurve RDA 24mm(3Avape)

Authentic Wotofo Recurve RDA (3FVAPE)

国内取扱い

『RECURVE RDA by WOTOFO 傑作シングルコイルRTA』へのコメント

  1. 名前:まばら 投稿日:2018/05/07(月) 11:28:40 ID:73a646902 返信

    レビューお疲れ様ですー
    クラプトン前提なのかな?と思いきや単線でも美味しいのは意外ですね
    穴を増やして、その分だけ小さくしてるので表面張力のおかげか溢れにくいのも良いですね

  2. 名前:えっふん 投稿日:2018/05/09(水) 12:37:36 ID:255952ec1 返信

    そうなんですよ!小穴になってるのがドローのスムーズさと、ドリップやスコンクした時の利便性にもつながっているのはいいなと思いました!!(*´罒`*)

    エアホールは全開でも見た目ほどはスカスカではなかったのですが、さすがに単線ではエアー過多の感じがしました。でも1段階絞れば十分フレーバーが出てくれました!

///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////