STNG MTL RDA by WOTOFO | VAPEブログ・もくもく時間

STNG MTL RDA by WOTOFO

シェアする

WOTOFO社初のMTL RDAが登場です。シンプルな外観、キレイにまとまった機能が美しいドリッパーです。

商品提供:WOTOFOさま

うちMTLとかあんま興味ないっす!と言わんばかりの爆煙指向だったWOTOFO社ですが、コラボ商品としてついにMTLタイプのアトマイザーが登場です。

今回はこのオジサンとコラボ。UNCLE STASさんというロシア系のYouTuberさんかな。

ニコソルなどの用途もあって、MTLブームは一過性のものではなく定番的なものとなった感があります。Wotofoさんにもこれを機にMTLアトマを定期的にリリースしてほしいなと思います。

箱の中身です。袋がゴジャゴジャーっとしてますが、コイルやコットンが全部小分けになっているだけですので、点数としてはそれほどないですね。

  • STNG MTL RDA本体
  • コイル2種とコットン(後程詳しく。)
  • 取扱説明書
  • 予備ドリップチップ
  • ドライバー&六角レンチ
  • 予備Oリング

まずは外観から。

うん、シンプルかっこいい!入っているのは四角にSTNGの文字のみです。底部に段付きのスリムなドリップチップも本体のデザインと合っていていいですね。

反対側を見るとティアドロップ型のエアホールが一つだけ。 本当にベーシックでシンプルなRDAって感じです。

WOTOFO公式サイトより。前の写真の通り水滴型の穴ひとつだけ開いているRDAなのですが、これはエアフローの細かい調整が行いやすい形状です。Oリングは結構固いので、簡単にズレちゃうようなこともなく、しっかり調整できました。

ドリップチップは510。本体キャップ側はストレート穴です。510の差込部長さも十分あり、コイルまでの距離もある程度離れているのでドリチ選択の自由度はかなり高いです。

ドリップチップはいずれも3mm穴のMTL向け。スリムでとても咥えやすいですね。特に細い方はくびれ部分が5.46ミリと公式サイトに記載されておりました。激スリム。

Wotofoらしくカラー展開も豊富です。色んなMODに合わせやすいと思います。相変わらずガンメタかっこええな!今回使わせて頂いているのは左端のSSカラー。これもやっぱり無難で使いやすいです。

底部のピンはしっかり出てます。このアトマイザー、どちらかと言えばBFで使うことを意識しているような感じを受けました。早速交換してみます。

付属のピンと差し替えるだけなので特に難しい所もありません。ご覧の通りネジ自体にもOリングが入っていて漏れ防止に一役買っています。あと、同じ袋にごく小さなスプリングも入っているので吹っ飛んでいかないように注意が必要です。

デッキ構造

キャップ裏側には空回り防止の為に段が付けられています。内部はシンプルなドーム形状。

デッキの方は豚鼻エアホールがおちゃめなボトムフロー。ワイヤー留めはMTLタイプのアトマイザーには珍しいクランプ留めです。

先ほど予備パーツでスプリングが入っていたのを見ても分かる通り、クランプ部はバネが仕込まれております。ネジを緩めるとイラッシャイ!と開いた状態で止まるようになっています。これ地味に凄い便利だから120点。

エアホールはOリング2本の間にあり、キャップと内部ホールの間から空気が漏れないようになっています。

あと、上のOリングが一段下がっています。キャップを閉める時に上のOリングがキャップ穴にスレたりしないし、短いストロークで閉められる工夫だと思われます。

巨大なブロックで塞がれているので、ウェルの実効容積は結構小さいです。ブロック下が少しくり抜いてあるとよりグレートだったと思うんですが、スコンクした際のレスポンスを重視したのかな。

スコンカー運用時はウェル一番下に見える小穴からリキッドが出てきます。

ビルド&ウィック

付属コイルは単線とフューズドクラプトン。いずれも内径2.5mmのコイルです。

単線・抵抗値1.2Ω Ni80 28ゲージ 9巻

フューズド・抵抗値0.8Ω Ni80 インナー30G アウター38G 6巻

WOTOFOらしからぬ高抵抗なクラプトンはかなり使いやすそうな印象です。

スプリング式クランプデッキの恩恵は非常に大きくて10秒くらいでビルド終了です。

ネジで押さえる方式だと結構コイル位置がずれたり、ワイヤーの足が横に持ってかれたりと苦心しますが、クランプ式の場合は横方向に力が加わらないのでビルドがとても楽ですね。

あと、もう一つ大きな利点として「コイルの幅を選ばない」という点も見逃せません。巻き数が違ったり、またスペースドコイルにした場合でも特に気にせずビルドすることが可能です。

コットンの収まりも非常にいいですね。ビルドはとっても楽な部類です。コイル横のスペースにも余裕がありますので、3mm径や3.5mm径のコイルでも充分対応できます。

喫ってみた感想

見た目はかなり好き。シンプルで非常に良いです。どのMODに載せても違和感を覚えないというタイプのRDA。

吸い心地ですが、全開にしてもMTLの範疇は超えず、十分に絞られたドローかなと。また、エアホールの調整は非常に良く出来ており、無段階に気持ちよく調整可。笛鳴りも一切ありませんでした。

図の通り横から入った空気がコイル下から出てくる形式。エアフロー自体は非常にスムーズなのですが、吸った時の音はそこそこ大きいです。

コイルからドリチ底部の距離もある程度取られていて、過度にダイレクトな感じもなく落ち着いたVAPEが楽しめる感じです。

これやっぱウェル容積が小さいのでスコンカーで使いたいぜってことでピンを差し替えてPULSEで使ってみました。見た目もいいじゃない!

スコンクした際のレスポンスも良好で、サッとコットンに染みてくれます。そして、素晴らしいレスポンスでエアホールからリキッドが出てきました。

押した分だけ横から出る。そんな感じ。

これ大げさにやっているように見えますが、ちょっとでも押しすぎるとすぐに出てきますので注意が必要です。

解決策としてはエアホールがちょっと高くなるように傾けてスコンクする、もしくは空吸いしながらスコンクする等のウル技が有効です。

慣れてこれば軽く押しただけでリキッド補充できて、かつ横モレしないくらいの加減が出来てくるので悪くはないのですが、スコンカーに不慣れな方はちょっとだけ使いづらいかもしれません。


WotofoのFLUXと。

ちょっとこのアトマにはID3mmは細いかなってことで、ID4mmのドリチで喫ってみました。こっちのがナチュラルで好きだな。極端にコイルが近くて、ちょっと差し込み部分が長めのドリチだとコイルに干渉してしまうアトマもあるので、十分余裕があるSTNGはその点心配なく好きなドリチで楽しめるのも良いです。

ベーシックで味も良く、何よりビルドが凄く楽。一発目のMTLアトマでこれだと、今後がまたいっそう楽しみになってしまいますな!

STNG MTL RDA (Wotofo official store)


///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////