MAZE SUB OHM BF RDA BY VANDYVAPE | VAPEブログ・もくもく時間

MAZE SUB OHM BF RDA BY VANDYVAPE

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

あ!これ押しといていただけると助かります。

VANDYVAPEからディスク型コイル搭載のアトマイザー、MAZE SUB OHM BF RDAのご紹介です。コイル交換式なのでリビルダブルとは言えないと思うのですが、リプレイサブルということなんでしょうか?

商品提供:べプログショップさま

VANDYVAPE MAZE SUB OHM BF RDA パッケージ

vandyvapeらしいブルーのパッケージ表面には迷路がプリントされています。ロゴもちょっと迷路っぽくなってますね。

裏側には内容品のリストと、エアフローの図解入り。

パッケージを開けるとMAZE RDAの登場です。HcigarにもMAZEと言うアトマイザーがありますので、少しややこしいですね。当然この記事内ではMAZEと言えばVANDYVAPEのコレですが、他の記事で名前を上げる際はVANDYとHcigarを区別するようにします。

付属品

取扱説明書、予備Oリング一式、六角レンチ、810-510ドリップチップ変換アダプタ、予備コイル(0.2Ω)、ノンBFで使う際のポジティブピン&ポールセット。あとなんか可愛いカード。

VANDYVAPE MAZE SUB OHM BF RDA 本体

正面にMAZEのロゴが入っており、裏側には文字等はありません。それにしたって一体いくつ穴をあけようというのですか!ひと昔前ではミューテーションXとかで驚愕していましたが、これはもうまさにハチの巣です。

高さはドリチと510接続部を除いて22.5mm、直径24mmと背が低いルックスなのでBF MODにもバッチリ合いそうですね。

しかもエアホールがこの仕上がり。これだけでも元取れると言っても過言ではないでしょう。

トップキャップ

 トップキャップとスリーブは別パーツなので取り外し可能。Oリングは太めのものがしっかりはまっていますので、程よいミッチリ感です。

5方向のエアホール穴と組み合わせることでエア調整が可能です。入ったエアーはこの部品の傾斜に当たってコイルがある下の方に出てくるような形になっています。一番上の部分には切り欠きの意匠があり指掛かりがよくなっています。

トップキャップ裏は滑らかに加工されています。全体的に面取り等の加工がとてもきれいです。

スリーブ内部

エアホールとデッキ部分は全面がディスク型コイルになっています。側面から入ったエアーがAFCの役割を果たすトップキャップの傾斜に当たり、このコイルに吹き付ける形状ですね。

ベース・コイル部

ほんと、丸々全面コイルです。同様のコイル構造を持ったアトマイザーでは、Revvoを以前ご紹介したのですが、コチラはスピットバックを抑える構造が特にありませんので、出来立てミストがドバーっとお届けされることでしょう。

コイルはネジネジすると外れます。コイルを外した下にはタンク構造。ドリッパーみたいな外観でありながら、2mlのリキッドを保持します。この中央にあるピンに穴が空いていますが、BFでチャージした際にはこの穴からタンク内にリキッドが補充されます。

コイルの裏側です。

ノンBF・タンクモード

まずはアトマイザー底面の写真です。MAZE「BF RDA」という名前の通り、基本的にはBFで使うことを考えられているようで、デフォルトではBFピンが入っています。PEEKのインシュレーターがネガティブ部まで覆うような形状の良い接点なのですが、いかんせんコイルの抵抗値が0.2Ωとかなり低めなのでメカでは使いづらそうです。

BF運用しない場合は、付属のチャージホール付きポストとノーマルポジティブピン(写真の右半分)を組み合わせて装着してあげます。このポストを付け忘れるとチャージするのにコイルを外さなければなりません。

ネジをはずしたところ。共回りを防ぐためにD型になっていますね。ここにチャージホール付きポストを置いて、下の510接続部からネジで締めてやります。

コイルも装着し直すと、こんな形になりました。この煙突からリキッドチャージすることが可能です。

スリーブをはめた状態でもチャージができるようになっています。トップキャップ・ドリチを付けたままではボトルでは届かないかな?ガラスのスポイトはいけると思います。

ちょいと写真だとピンと来なかったのでVANDYVAPEさんから写真をお借りしてきました(許可済み)

ドリップチップ

ド迫力のレジン・ドリップ・チップです。これはなかなかの極太様であります。

外径18mm。内径は9.2mmから10.6mmに広がってる感じ。おおきくてかっこいいです。高さはアトマからはみ出る分で7mmくらいのショートタイプです。

510ドリップチップアダプタも付属しています。写真のように上に出っ張るタイプですね。まあこのアトマイザーであまり使う機会はないかもしれませんが、割としっかり嵌って良いアダプタだと思います。

MAZE SUB OHM BF RDAでVAPE!

ボカーーーン!

対応ワッテージが50~100ワット、推奨が70~80ワットということです。もう手っ取り早く75Wにしましょう。たぶん一番中心の75ワットが旨いんでしょう(雑)

Aspire Revvo Tankラジアルコイルで爆煙!【動画あり】
アスパイアラジアルコイルを使用したクリアロマイザー、Revvoのご紹介です。完全に初めて使うタイプのアトマイザーなのでとっても楽...

だいたいRevvoと同系統の感触ですね。ただやっぱりスピットバックを止めきってない分、こちらの方がダイレクトな感じがするし、甘味が強く出ます。

思ったより熱くないので拍子抜け。エアーの噴きつけがうまくいっているんでしょうね。ミスト温度もそうですし、スピットバックも大粒が飛んでくる感じはないです。

ワッテージを50ワット程度まで下げると極端に味が薄くなります。エアホールを絞っても厳しめ。やっぱり推奨通り70~80ワットが一番おいしかったです。100Wはアツウィでした。

使ってて案外イイナと思ったのは、キャップのつけ外しが楽ですね。ドリッパーみたいにポンと嵌ってるだけなので、中を少し確認したければトップキャップだけ外せます。チャージなどをする際にスリーブごと外した場合も、このアトマの場合は向きが関係ありませんので(全面がコイルなので)、ただスポッとスリーブ&キャップを付けるだけ。

2バッテリーなどの大柄なテクスコでバンバン爆煙で喫いたい。だがコイルをビルドしたりメッシュで組むのは少し面倒ですぞ、という方にオススメです。見た目も背が低くスコンカーに合わせてかっこいいと思いますし、運用もしやすいです。もちろん味もGOOD。

///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////