Nitecore Q2 チャージャー・エントリークラスの充電器 | VAPEブログ・もくもく時間

Nitecore Q2 チャージャー・エントリークラスの充電器

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

あ!これ押しといていただけると助かります。

Nitecore Q2 チャージャー

今回はエントリークラスのバッテリー充電器のご紹介です。可愛い4色の色展開、最低限の充電機能、買いやすいお値段といったコンセプトのVAPER向けプロダクトです。

商品提供:NITECOREさま

パッケージのキャラがVAPEを手にしています。VAPER向けってことなのでしょうね!ワルい顔してますね~(笑)

パッケージを開けると取扱説明書が出てまいりました。大きな紙に小さな小さな字でマルチランゲージ仕様の取説です。非常に見づらいのですがNITECOREの公式サイトでPDFがダウンロードできるようになっておりますので、読みにくい方はそちらで確認すると見やすいと思います。

中身はQ2充電器本体とACアダプタ、そして保証書です。

ACアダプタは割と幅が細くて良さげ。約4cmくらいの幅なので、並んだコンセントの隣を埋めてしまいにくいです。まあ埋まってしまうようだったら10cm延長コードみたいのが売られているので使うと便利ですね。私もズラっと付けてます。

こういうやつですね。

ACアダプタは音鳴りも無かったです。ちなみにチャージャーへの入力は12V仕様になっています。これはカーバッテリーが12Vなので、車のシガーソケット辺りから引っ張れるように配慮されているのかと思います。(シガーソケット用ケーブルは同梱していません)

Q2本体です。少し透明になっている黒で渋いです。この商品、充電器にしては珍しく4色もカラー展開があります。

それぞれ名前が付けられていますが、要はピンク黄色黒透明です。色が選べるって珍しいので、これは人によっては嬉しい要素かも。

スペック

サイズ:125.4mm×59.6mm×36.2mm 
重さ:92グラム
入力:DC12V 1,000mA
出力:4.2V±1%・2A×1, 1A×2

対応バッテリー:
10340, 10350, 10440, 10500, 12340, 12500, 12650, 13450,13500, 13650, 14350, 14430, 14500, 14650, 16500, 16340(RCR123), 16650, 17350, 17500, 17650, 17670, 17700, 18350, 18490, 18500, 18650, 18700, 22500, 22650, 25500, 26500, 26650, 26700, 20700, 21700, 22700

VAPEで使用するバッテリーについては網羅されていますね。また、バッテリー逆入れ・ショートへの保護、過充放電保護等の基本的なプロテクションは揃っています。

上部。ACアダプタからのプラグを差し込む端子だけが付いています。USBの出力とかそういうややこしいのは一切なし。コンセント挿してバッテリー入れると充電される、その一点突破型です。

下部から。NITECORE D2のロゴが入っています。これまたレートやモードの切り替えボタンとか一切ないです。バッテリー入れると(以下略)

そもそもこの機種はスクリーンすらなく、充電中は赤ランプ、充電完了すると青ランプになるという非常に簡素な充電器です。

プラス側の端子です。縦長の形状でさまざまなバッテリーに対応します。スロットは向かって右側が2A充電用、左が1Aです。両方にバッテリーを入れた場合は両側1A充電になります。10440とか16340使う時どうするんだろうと思ったんですが、その場合私は500mA充電するので、この充電器は使わないですね。

こちらがスプリング式の-接点。先日のF2パワーバンクもそうでしたが、NITECOREさんの充電器はここのスプリングが程よい硬さでいいですね。片手でラクラク放り込めるのは有り難いです。スライドもとってもスムーズ。

横から見たところ。黄色いNITECOREロゴの横あたりに縦線が入ってるデザインなのですが、ここが放熱スロットになっています。結構熱くなります。充電中にここを臭うと、なんかマルツ電波に入ったときの香りがします。大丈夫かな。

裏側にはわりとしっかりしたゴム足が付いていて滑りにくくなっています。これまた排熱用スロットが開いています。

バッテリー装着例

2665020700

18650

18350

とにかくスライド式の-接点がスムーズでそこはこの充電器の非常にいいところ。18650を入れた時の横にズレちゃう感じも少なくて使いやすいです。

ACアダプタ繋いでみる

充電中はこんな感じで赤ランプが点灯します。満充電になると青ランプに。こちらの右スロットは2A充電用です。ちなみにこのバッテリーは同NITECORE社のIMR18650・3,100mAh/35Aタイプ。これはパルス放電の表記なので連続放電は20Aのバッテリーです。

一応メーカーのスペック上では4A充電対応のバッテリーと記載されております。

それでですね、このバッテリーを2A充電すると鬼熱くなるんです。バッテリーがじゃなくて、充電器が。ちょっとこれヤバいんじゃないかなという感じがしたので外しました。+側の接点が触ってギリで我慢できるかどうか程度のアツアツ。もう一回ためしてもアツアツ。

試しにVTC6を突っ込んで2A充電してみたら、暖かくはなりますが危険を感じるほどの温度にはなっていません。他の手持ちのバッテリーも大丈夫。

そして、NITECORE 3,100mAhバッテリーを他社の充電器で2A充電しても、これまた別になんともありません。何だろう・・・?

2本充電1A状態。この状態では特に気になるほど発熱はしませんでした。テスターで測ると4.23V。うーん、確かにスペックシートでは+-1%と記載されていますので範囲内ではありますし、4.3Vまでは若干余裕もあるのですが、私はズバッと4.2V未満で充電停止してくれる方が好み。

接点の感じはすごく使いやすいし、見た目もスタイリッシュでとっても良いです。

エントリークラスの価格帯ではあるのですが、私個人的には初心者の方には逆にもう少し上の価格帯の充電器をおすすめしたいです。

例えばメカを使いたくなったときとか、充電完了時・使用終了時の電圧を確認したいけど、いちいちテスターで測るのも手間かなと思います。そもそもテスターを持っていない方もいらっしゃるかもしれません。そうなるとやはり充電器側にボルテージ表示があるものが便利かなと思います。

むしろコレは既に2スロットの充電器を持っているけど、たまに3本以上充電したい時があるんだよな~と言うような方にサブ充電器としてならアリではないかと。でもサブ充電器なら先日のF2がお値段も非常に良く出来ていたかも。

ちなみにですが、充電器は海外サイトで買われる際はコンセント形状にお気を付け下さい。個人的にはチャージャーは国内で買った方が手っ取り早いかなと思います。一応価格比較の為にリンクをば。

Nitecore Q2 Dual Slot Li-ion Battery 2A Quick Charger(Fasttech)

Nitecore Q2 2 Slot 2A Quick Charger(3AVAPE)

Nitecore Q2 2A Quick Charger(Vapesourcing)

4本タイプのQ4という商品もあります。


Authentic Nitecore Q4 2A Quick Charger(3FVAPE)

国内取扱い

///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////