ELK(the gentleman)by BaksLiquidLab じわっとくるタイプのやつ | VAPEブログ・もくもく時間

ELK(the gentleman)by BaksLiquidLab じわっとくるタイプのやつ

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

あ!これ押しといていただけると助かります。

BAKSLIQUIDLABさんの新作リキッドELK(the gentleman)のご紹介です。

BaksLiquidLabさんは個人でリキッド作成していらっしゃるそうですね。twitterなどでかなりの頻度で旨いとお見かけしてはいたのですが、いままで吸ったことがありませんでした。

今回一通り吸わせてもらったのですが正直参りました。お一人で作られてるとは言え、押しも押されもせぬ人気国産リキッドメーカーの一つだと思います。まずは新作のELK(the gentleman)からレポさせて頂きたいなと思います。

商品提供:べプログショップさま

ELK (the gentleman)by BaksLiquidLab.

作られてるのが個人と言っても、一ユーザーの私からしたら言われなければ分かりません。きちんとしたパッケージに美しいラベルが貼られており、ばっちりとシュリンクされています。パッケのクオリティは大きなメーカー製と変わらないどころか、非常に良いなぁと思いました。

こちらはユポ紙というPPとの合成紙のラベルだそうです。リキッドがちょっと付いたくらいなら拭けばバッチリです。

HANDBREWED。VAPEリキッドの場合、日本語でどんな単語を充てるのが適当なのでしょう。言ってみれば「手仕込」?ちょっとココイチっぽくなっちゃいますか。

原材料の表記があります。国産品ですので、もちろんニコチンは0mg。


食品分析センターでの試験でもVAPE用リキッドから検出されがちなニコチン等の有害物質は検出せずとの結果を掲載していらっしゃいました。この辺国産ならではの大きな安心感ですよね。(※画像は掲載の許可を頂いております)

ノズル形状は良くあるタイプなのですが、容量によってなのか新旧混ざっているのか先端が外れる新タイプもあるとツイッターで仰っていました。私も先日タンクへのチャージで強く押し過ぎてフタが取れて10mlドリップしました。ボトルのタイプに関わらずタンクチャージ時には急がず注意しながら使うのが良いと思います。

今回こちらのELK(the gentleman)にはエルクの絵が描かれています。BaksLiquidLabさんのリキッドは、どのラベルも本当に素敵な絵なんですよね。これだけで旨さが1.2倍くらいになりますし、詰め替えずにこのまま持ち歩きたくなっちゃいます。使ってラベルにしわが入るのが残念なくらい。

まあいつも通り話は脱線する訳ですがエルクといえば別名ムース。北米の方では車とぶつかる事故がかなり多いそうです。日本でも高速道路などに鹿注意!なんて書いてありますが、注意なんていう生易しいもんじゃありません。

なにしろ地球最強の鹿と言うだけあって奴らのデカさたるや半端じゃなく、デカいものでは肩の高さが2m超級。ランクルとかでも車高が2m弱ですからどれだけデカいのか分かります。足が長いので事故ったら軽自動車並みの重量がある巨体がフロントガラスや屋根に突っ込んでくるんです。しかもあの角!アメリカでは鹿事故で年間200人以上も亡くなられるそうですから、大変なことですね。

北欧の方でもELKの猛威は凄いそうで、ボルボなんかは奴らに直撃するのを前提に鹿テストまで行うんだそうですよ。確かにボルボと言えば昔から頑丈な車体というイメージがあります。

私が大好きだった怪しい伝説という番組でも、ムースとぶつかるなら背が低い車の方がマシという伝説を検証していました。普通のセダンで鹿に見立てた対象物に当たるとフロントガラス含めキャビンの前半分がごっそりなくなってしまって実に衝撃でした。ちなみにCR-Xは屋根がぺちゃんこになりつつスリ抜けてました。さすがCR-Xさん。

さて、それを念頭に置きつつ喫ってみましょう。

ELK (the gentleman)喫ってみる

ええええなにこれ変な味~!!!(安心してください、美味しくなってきますよ)

正直最初おっ、葉っぱっぽい味してウマープハーうわあああ吐いたときストロベリーできもちわるい~ってなったんです。しかし1タンク2タンクと喫っているうちに脳がELK味として認識してきて、実にウマくなってきます。謎です。

そして、このリキッドはボトルに入っているリキッドの香りを嗅ぐと猛烈に臭いです。外国のお寺みたいな臭いします。なんでこの臭いで喫うとこんなウマいのか、それが分からない。

私はこれチビチビやるのが好きですね。勢いよく吐き出すとタバコの葉っぱとイチゴを一緒に食べた時の味がしてちょっと好みから外れちゃいます。焚く焚かないということではなく、喫い方で結構感じ方が変わります。ジックリ喫ってじわっと吐き出すとストロベリーっぽさはあまり感じません。

タバコと言っても、私はコレ正直なところ何味なんだか良く分かりません。色んなフレーバーが混ざってこの味になっており、イチゴ味とミルク味が混ざっていちごミルクでっす!というタイプではないです。いちごミルクは大好きですが。

これは好き嫌いが分かれるリキッドなんじゃないでしょうか。私はリキッドのレポート記事のたびに「好き嫌い分かれるリキッドはいいリキッド」と書いてますが、まさにそれです。

むしろ変な味のリキッド好きな私が好きなんだから、大丈夫かな・・・w

それにしても何のフレーバーなんでしょうね。たまに桜餅みたいに感じる時もあります。基本葉っぱとかそういう感じ。鼻からぬーっと出すとタバコっぽくも感じますが、タバコ系リキッドなのかと言われるとちょっと違うかなと。バージニア葉巻と書かれていましたが、私がバージニアでそこそこ喫ったことがあるのはダンヒルのフレーク、それからピース。パフしたあとのアトマの匂いを嗅ぐと缶ピースの缶みたいな香りも確かにある気がします。

とにかく濃厚にフレーバーを感じるのは凄いです。でもイチゴが強く登場すると私はダメでした。

セッティング、喫い方とかで色々なニュアンスが感じられるとても良いリキッドです。リキッドを作られている方が主に排泄物のことについてツイートしていらっしゃったので正直少し心配していたのですが、大ファンになってしまいました。


べプログショップさんで60ml入りで2,500円。このクオリティでこのお値段もお得感ありますね。3,000円以上の購入で送料も無料になるそうです。あれ・・・?1本じゃ足りない。

///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////