Eleaf iJust ECM シンプルなスターター。 | VAPEブログ・もくもく時間

Eleaf iJust ECM シンプルなスターター。

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

あ!これ押しといていただけると助かります。

シンプルなスティック型のスターターのご紹介です。

商品提供:vapesourcingさま

Eleaf iJust ECM スターターキット

箱が非常にコンパクトなので、もう少し小さいものを想像していたのですが、開封してみると実物は思ったよりだいぶデカかったです。

Eleaf iJust ECM直径25mm、組んだ状態での長さは137mmとなっており、なかなか大型の製品です。

内容品です。

  • iJust ECM バッテリー
  • iJust ECM アトマイザー
  • EC-M 0.15ohm コイル(本体組み込み済)
  • EC-N 0.15ohm コイル
  • USBケーブル
  • 各取扱説明書
  • 予備パッキン類

スペックは以下の通りです

サイズ 25mm径×長さ137mm
重さ 159g
リキッド容量 4ml
バッテリー容量 3,000mAh
最大出力 40W
使用可能抵抗値 0.1Ω~3.0Ω

カラーバリエーション

Eleaf公式より

全5色。それぞれのカラーで表面の柄も違っておりなかなか凝っています。

まずはバッテリー部分から。大きな三角形の部分がパフボタンです。チューブ型にしてはかなり大きなボタンで押しやすくなっています。今回ご紹介しているブラックのECMは表面に斜めのライン柄。

逆サイドには充電用のUSBポート。

510接続部はスプリング式。セットとなっているアトマイザー以外でも510接続のアトマイザーを自由に組み合わせてつかえるようになっています。

メーカーロゴや製品名もこの面に入っており、組み合わせて使っている間は見えなくなっています。せっかくカッコいいチューブ型で外側がプリントの文字だらけだと勿体ないですからね。

底部。なんの柄なんでしょう?「し」に見えます。

スイッチ

操作としては5クリックのON-OFFのみ。パフ時にはスイッチ部のLEDが点灯します。30%以上の残量で緑、10%以上で青、それ以下で赤に色が変化しバッテリー残量の目安となります。

充電について

付属ケーブルをUSBポートに挿し込めば充電開始。充電中はポートすぐ下のインジケーターが点灯します。

付属アトマイザー

25mm径のiJust ECMタンク。とってもシンプルな見た目のアトマイザーで本体と合いますね。とんでもなく太いドリップチップでも分かる通り、ミスト量多めのアトマイザーとなっています。

クリアロによくあるハーフインチでOリングがドリップチップ側にあるタイプ。やっぱり金属の内側にOリング溝を掘るのにひと手間あるということなんでしょうか。

トップ部はスライド式のキャップになっています。精度も良く、非常に簡単にリキッド補充が行える仕組みです。写真ではドリップチップを外していますが、勿論ドリップチップを付けたままでも開閉可能です。

アトマ底部です。センターピンは固定されておりませんので、メカニカル方式のMODには組み合わせない方がよろしいかと思います(そもそも抵抗値が低すぎるので使う事自体ないかと)。

各パーツはネジ式で分解することができます。左側のベース部分は非常に重厚ですね。

コイル自体が上下部のパーツを繋ぐ役割を果たしますので、リキッドがあまり多く残っている状態では分解することができません。

エアホールは特大のものが向かい合わせに2つ。全開から全閉まで、変な音鳴りも認められず非常にスムーズなエアフローと言えると思います。リング自体の硬さも程よい。

コイル

意外と小さいコイル部分。これ、ECヘッドみたいですね。ECと言えば、IJUST系やMELO系に使われてきたコイルです。特にMELOはiStick PICOとセットになっていた経緯もあり、使ったことがある方も多いのではないでしょうか。

但し、今回のECコイルは今風に改良されていて、内部はメッシュ構造となっています。

EC-M・EC-Nコイル

左:EC-M 右:EC-N

いずれも抵抗値は0.15Ω。推奨パワーはEC-Mが30~75W、EC-Nが30~70Wとなっています。

それではリキッドを入れて喫ってみます。

メーカーでも「立ち上がり」をウリにしているだけあって驚くくらい速いですね。タイムラグが全くなく、メカで使っているような感じ。

iJust3でも相当早かったですが、これは桁違いに速いです。

ただ気になるのは最大出力40Wと書いていますが、実際そこまで出ているのかどうか??このアトマだと電流がうまく測れなかったので感覚的な判断で申し訳ないのですが、他のMODで40Wで喫った時よりも明らかにパワーが弱い。

ちょっと私の電気的な知識と技量が足りず検証を完全には行えませんでしたが、RDAに近い抵抗値で組んで電流を計ったところでは3V出てない感じ。

私としては超爆煙を求めてないのですが、それでもこのメッシュコイルに対してはもう少しだけパワーがあるとよりおいしいかなと思いました。これはあくまで私の好みなので、勿論丁度いいよ!という方もいらっしゃるかもしれませんが、MODのパワーは少し弱めと言うのは参考にして頂ければと思います。

0.5Ω以上とかのコイルを合わせるなら全く問題なかったです。それでもiJust3よりは若干電流が低め(満充電で3.4Vとか)でした。

アトマはかなりいいっすね!(テンション上がり気味)

漏れないし、味は濃いし、ドローも変な音しないし、ゴツゴツキラリンな外観でもないので他のMODにもすんなり合うし、ベーシックで良く出来たアトマイザーだと思いますよ。

以前ご紹介したiJust3なんかは最大80Wでした。こちらにも幾つかのアトマを載せてみましたが、やっぱりiJust3の方が全体的にECMよりパワーがありました。でも今回のECMアトマイザーを乗せると私には少しパワフルすぎ。

max 40Wという少し控えめな数値が、案外丁度いいバランスになっているのかもしれません。軽めの爆煙で、熱かったりスピットバックがあるところまでは行かない。味も十分出ているし、3,000mAhの大容量で長く楽しめるという、ほどよい感じのスターターに仕上がってると思います。

vapesourcingさんでは、10/30現在、送料無料対象商品にもなっているようです(注文される前に確認してくださいね)。


Eleaf iJust ECM Kit 3000mAh

///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////