Eleaf PICO Squeeze2 with Coral2 今回はテクスコ | VAPEブログ・もくもく時間

Eleaf PICO Squeeze2 with Coral2 今回はテクスコ

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

あ!これ押しといていただけると助かります。

大ヒットとなったEleafのPICO Squeezeがテクスコになって帰って参りました。テクニカル・21700仕様とフォーマットが一新されたので続編という訳ではありませんが、今回も注目の機種かと思います。

商品提供:Vapesourcingさま

Eleaf PICO Squeeze2 With Coral 2

今回のSqueeze2には、ピコンカーの時にセットになっていたCORALというアトマイザーの、これまた後継となるCoral2というRDAがセットとなっています。

21700と箱に書いてありますがバッテリーは同梱されておりません。もちろん18650変換スリーブが付属していますので、お手持ちのバッテリーが18650のみでも使う事は可能です。パワーはバッテリーの性能に応じて無理のないように使ってください。

PICO Squeeze2 本体

PICOらしさも残しつつ、少しトリッキーな配置になった本体。+-ボタンは丸くなっており、スクリーンも丸っこく、とにかく全体的に丸っこいデザインです。

逆サイドにはパフボタンとUSBポート。パフボタンが平面側に配置されているのはなかなか思い切ってますね。

サイズ: 高さ76mm×幅55mm×厚み27mm
ボトルのリキッド容量: 8ml
使用バッテリー 21700 or 18650(同梱しません)
出力: 100W max
出力V範囲: 0.5V~9V
充電レート: 2A max
使用可能抵抗値:0.05Ω~3.0Ω (VW/Bypass時)・0.05Ω~1.5Ω (TC時)

カラー展開

Black・Dazzling・Silver・Red・Purple。Eleaf製品なので、今後更にカラーは増えるかもしれませんね。いずれも割とツヤっとした表面仕上げです。

510接続部

上部。今回は本体の幅が大きいため、アトマイザーがバッテリーのフタに当たるという問題に関しては気にする必要が無さそうです。26mmアトマまでは本体内にバッチリ収まるのでアトマのサイズを気にしなくて良いのは素敵ですね。私個人としてはスコンカーは小さめアトマでチョロチョロと楽しむことが多いですが、21700バッテリー仕様で充分なパワーがあるテクニカルスコンカーなので、大径アトマを載せて爆煙BFという楽しみ方をされる方も多いと思います。

本体幅からはみ出すのを無視すれば30mmアトマも搭載可能でした。

510センターピンもスプリング式になっており、割と浅めからコンタクトします。可動範囲はそれほど大きくありませんので極端に510ピンが長いアトマは浮きますが、標準的なものに関しては全く問題ないです。PICO Squeezeでは接点が出ないアトマもあったので、それに比べるとだいぶ使いやすくなったなぁと思います。

浮く場合も24mmアトマならCoral付属のビューティーリングを入れたり、ヒートインシュレーターを入れる、市販のビューティーリングを入れるなどでうまく運用できました。

ボトルの着脱

底部にはベントホール。継ぎ目から右側のボトル部分はマグネット留めになっており、フタがまるまる外れるようになっています。

底部にマグネット、上部は爪で引っかかるようになっています。使っていてガタガタするような感じはありませんでしたが、アトマのキャップを外そうと力を入れたときにボトルカバーが取れちゃったことは何度かあります。

ボトル部が完全に露出するのでリキッドチャージやボトル交換は非常に楽です。

ボトルの上部は穴がオフセットしておりますが、向きが凄くシビアということはありませんでした。おおよそ向きを合わせてあげれば問題なくカバーも閉まります。リキッドはこの状態で穴から入れてもいいですし、

キャップがネジで外れるので、外してチャージしてもOKです。でも入れやすいのでわざわざ外すこともない感じですね。


Eleaf Pico Squeeze 2 Bottle (Vapesourcing)

替えボトルが買いやすいお値段で売られてはいるんですが、フタができないのがとっても残念。ボトルに予め詰めたものが持ち歩けたら更に便利かなと思いました。

バッテリーキャップ

バッテリーのフタは昔っぽい感じに戻りました。21700の本体側が出っ張っている多条ネジのキャップはとっても使いやすくなっていたのですが、Squeeze2では元祖ピコやPICO25とかと似たような形状になっています。21700ということでサイズがギリだったのでしょうね。

18650バッテリーを使う場合は、付属のスリーブを被せてあげればOKです。

もちろん、せっかく21700対応のMODなので21700バッテリーを使うのが電池の余裕的にも更に良いかと思います。

スクリーンと操作

小振りなスクリーンです。

最近のデカスクリーンになれていると、スクリーンがとっても小さいですが表示自体は分かりやすいですね。長押しした際のワッテージ増減の速度なども使いやすいです。

ただメニューに入った時にアイコンが2コしか表示できない(´・ω・`)

これは狭い!

  • メニュー → パフと+を長押し→
  • 電源のオンオフ → 5クリック
  • スクリーンフリップ → 電源オフ時に+-同時押し
  • ボタンロック → 電源オン時に+-同時押し

特殊操作はこれくらい。電源オンオフに関しても画面エフェクト等がないのでロックとして気軽に使えます。電源が切れている状態から5クリックすれば即VAPEできるのが地味な部分ではありますがとってもポイント高め。

光るボトル

設定でLEDが光ります。リキッド残量がとっても見やすくなります。もちろん色は変えられ、オフにもできます。

Coral2 BF RDA

セットになっているアトマイザー、Coral。こちらにはPICO Squeeze2のバッテリーキャップとマッチした24mmアトマ対応のビューティーリングが付属しています。

直径24mm×高さ21.2mm(510ピンとドリチ除く)。ドリップチップも低めのワイドボアとなっており、リングが入るとかなり背が低くすっきり見えるアトマイザーです。

エアホールは片側なので、反対側は何もなくてツルンとした見た目。余分なロゴとかないのは嬉しいです。

トップキャップとドリップチップ

ドリップチップはハーフインチ。太いOリングでガッチリ留まっていて、外すのが大変なくらい。キャップとデッキのOリングの具合もなかなかいい感じです。とにかくシンプルな見た目!

内側はラウンド形状。ドリップチップは途中から一段広くなっています。

BF対応の510ピン

勿論デフォルトでBFピン仕様になっているアトマ底部。ノンBFピンも付属しますが、今回はSqueeze2に合わせて使うので特に交換することもないです。

ピン・インシュレーターともにしっかり出ています。付属のリングを入れるのを前提か、若干長めに設定されているような感じ。

デッキ

非常にユニークなデッキ。片側のサイドからドーンとエアーが当たるシングルコイル。ウェルが非常に広く取られているのが特徴です。エアホール下部もえぐられていて、オーバースコンクにかなり強い(ボトルを押しすぎてエアホールから出たりしない)のがスコンカー初心者の方にも心強いと思います。

このパーツはキャップに合わせて丸くなっています。この写真で見て頂くと分かるかと思うのですが、エアホールの大きさがすごく大きいのでキャップをズラしても全閉にはできません。

ものすごい勢いで斜めになったポスト。裏側にワイヤーが出るスペースがないので、ポストレスと同様に予めワイヤーの足を切ってからビルドすることになります。

BFのリキッド出口。平面になっているものの、リキッドがウェル全体に広がるので完全には喫さずにある程度は残ってくれる感じでした。

穴そのものもかなり大きめなので、ボトルを押すと結構ドバーっとリキッドが出ます。

ビルド&ウィック

このポストぇ・・・。

とにかくこのエアーパーツが巨大で、コイルを入れるのにはちょっと苦労。

26ゲージのカンタルワイヤーで組んでみました。エアホールと合ってないですねこれは・・・。テスト的に単線で組んではいますが、単線向きではないドリッパーなのは間違いないです。

このエアホール、なんと幅1cmくらいあるんです(!)

なんかもう組みづらくて雑いウィッキングになってしまいましたが、ウェルまでの距離も短いのでリキッドが上がるレスポンスも良さそうです。

PICO Squeeze2とCoralのセットで使ってみます!

パフボタン。確かに、配置的にここしかなかったのは分かります。これ、押しづらいわけではないのです、でもPICOのこの形を見てしまうと横にパフボタンがあると思って指がそこに行っちゃうんです!

それから、このSqueeze2は結構重量級なので平面を指でつまんで持つにはちょっと重たいんですよね。(バッテリーとアトマ、リキッドが入っていると約300グラム)

慣れるまでは少し時間が掛かりそうです。

PICO Squeeze 2、全体的にはとっても仕上がりが良いと思いました。しかし重さだけがネックかなぁという所。シングルバッテリーで300グラムはちょっと重すぎる。

家でドリップせずにBFでお気に入りのドリッパーでガンガン喫いたい!という時には良さそうです。

アトマイザーは、今の所うまく味が出せてません。エアフローもスムーズで、大きなシングルコイルが組めるということで好みの感じではあるんですが、どうしても吸い口から離れる方向に吹き付けるタイプのエアフローなのでセッティングが難しく使いこなせておりません。

スピットバックも少なく、バンバン喫えるアトマだとは思うので、コイル次第でもっといい感じになるのではないかとは思っております。見た目は丸っこくてシンプルですごく好き。

漏れにくいエアフローの構造や、リングが入っているおかげでキャップ着脱でのリキッドのしずくもMODに垂れたりしないのがいいですね。

元祖ピコンカーが小さく軽く、機能的には最小限というMODだったのに対して、なんだかてんこ盛りになった感じもするピコンカー2でした。

Eleaf Pico Squeeze 2 & Coral RDA

///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////