RINCOE MECHMAN 80W kit | VAPEブログ・もくもく時間

RINCOE MECHMAN 80W kit

シェアする

先日ご紹介したMechmanのシングルバッテリーバージョンなのですが、こちらはチューブ型のテクニカルMOD。セットのアトマイザーはMechman Tankです。

商品提供:Rincoeさま

MECHMAN 80W kit

現在はBOX型のMODが主流となっており、チューブ型は案外少ないもの。このような製品もリリースしてくれるのはユーザーとしては選択肢が広がって嬉しい限りです。それでは開封していきます!

  • MECHMAN 80W MOD本体
  • MECHMANタンク(シングルメッシュ0.25Ωコイル組込済)
  • 交換用コイル(デュアルメッシュ0.2Ωコイル)
  • 予備ガラスチューブ
  • 予備Oリング
  • 取扱説明書
  • 電池・コイルなどの取り扱い注意書き
  • USBケーブル

18650バッテリーを1本使用するMODなのですが、バッテリーは付属しておりません。別途購入する必要がある点はご注意くださいませ。

MECHMAN 80W MOD本体

チューブ型テクニカルってどうしてもビームサーベルっぽいですよね。以前ご紹介したULTEXほどではありませんが、やっぱりどことなく思い出してしまいます。表面はブラック・シルバーともマットな仕上がりで、サラッとしていて指紋も付きづらく使いやすかったです。

スペック

サイズ 27mm×95mm
出力範囲 1~80W
TCモード Ni200/TI/SS316L
使用可能コイル抵抗値 0.08~5.0Ω(VW)/0.06~3.5Ω(TC)
使用バッテリー ハイドレイン18650(同梱しません)

背面も同じような柄が続いており、上部にはUSBポートがあります。柄がなかなか効果的に働いており、グリップ感はかなりイイですよ。

510接続部

スプリング式の510接続部は若干締めていく際に抵抗感が強いのですが、バネのストローク量には問題なく、手持ちの標準的な510ピンを持つアトマで浮いてしまう・認識しない等の問題はありませんでした。見た目も美しいです。

バッテリーキャップ

底部がネジ式で外れるようになっており、ここからバッテリーを入れる形になっています。ベントホールも設けられています。製品名のMECHMAN 80W MODという文字はここに入っており、チューブ外周部にはロゴ等が入っていないのでシンプルな見た目に仕上がっています。

キャップを外したところです。キャップ自体もスムーズでバッテリーの出し入れは非常に簡単です。また、この形式だとバッテリーやフタのガタガタが無いというのも使っていて快適なところ。

本体底部から覗いたところです。MODのフタから見て奥側が電池の+極になっています。接点もある程度の面積があり、締め込んだ際バッテリーにダメージを与えることもなさそう。筒内部も樹脂でカバーされていて安心です。

スイッチとスクリーン

スイッチはプラスチックで見た目は少々チープな感じがするのは否めません。MECHMANのデュアルMODは同じくプラのボタンでしたが梨地になっていて非常に使いやすかったので残念。本体がマットなので、あえてツヤにしてあるのかもしれないですが、指が当たる部分なのでツヤツヤよりもマットな方が私は好きですね。

ただボタンそのものは非常に使いやすく、押し心地もソリッドで小気味良いです。

スクリーンが非常に明瞭です。今まで使ったことのあるチューブテクニカルに比べてもとてもクッキリしています。BOX型と比べて圧倒的にスクリーンは小さいので、これくらいクッキリ見えると凄く使いやすいと感じました。

操作は3クリックでモード切替、5クリックで電源オンオフと言ったところで、複雑な機能はないようです。 スクリーンも小さいので機能的には絞ってあると思うのですが、逆に初めて使う方でも戸惑いなく使いやすいのかなと。

MECHMAN TANK

Mechman228W MESH kit by RINCOE
RINCOE社より、新型デュアルバッテリーMODとメッシュタンクの組み合わせでいきなり爆煙が楽しめちゃうKITが登場です。 商...

こちらのタンクに関しては先日デュアルバッテリー版のMechman 228Wを使用した際に掲載致しましたので割愛。お手数ですが詳細につきましては記事を参照して頂ければ幸いでございます。

ザックリ説明するとメッシュコイルを使用した爆煙クリアロ。(ざっくり)

MECHMAN 80W KITを使ってみました。

ルックスはかなり一体感があるのですが、表面仕上げはアトマと本体で少し異なります。本体はマット、アトマはブラシ。

直径が27mmなので結構太いのですが、テクニカルMODと考えて持ってみれば非常にスリムで使いやすい。鞄のポケットなんかにも入れやすいし、小さいBOX MODと違って鞄の中でひっくり返ってたりしないのも使いやすいですね。

VWで喫えればいいのだよーんと言う方には結構オススメできちゃいます。

さて、他のアトマを付けてみたところです。奥のシルバーにOCCULA(24mm)を載せてみたんですがなかなか悪くない。MOD上部がステンのプレートみたいになっているので、そこでワンクッション入っていい感じになってるんじゃないかと。

22mmアトマを乗せるとややアンバランスな感もありますが、個人的には案外悪くないのではないかと。アトマはPIXIE

22mmアトマ+ビューティーリングだとこれもう全然ありだな!!MECHMANデュアルとツーショット。ほんと、どちらもマットな質感がほんと良い。ツヤツヤピカピカも見た目は好きなんですが、実際使うと指紋とか皮脂とかがね・・・。

吸った感想

なんか使ってて全然問題なくて言うことない。強いて言うなら予備コイルはちょっと低めのワッテージでも楽しめるコイルにしてくれたら嬉しかったかな。やっぱり18650のシングルで50ワットでジャンジャカ喫ってるとバッテリーの持ちが今一つなのです。

このアトマは味もなかなか美味しく、ミスト量は言うことない爆煙、何週間か使ってみてるんですが漏れも皆無で使いやすいです。

総じて、スターターキットとしては申し分ない出来ではないかなと思いました。コイルが国内で安定して手に入るかだけがネックなのかな。

カラーは今回写真でご紹介した2色のみ。渋み。

Rincoe Online Vape Shop-Vape Mod kits&Ecig

///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////