初めてVAPEする方へ | もくもく時間!

VAPE初心者の方へ

シェアする

iQOS・ploomtechなどの電子タバコ

iQOS・ploomtechなどの電子タバコは、コンビニでも売られているのでご覧になった、または実際に喫った事がある方も多いかもしれません。

VAPEとは

lostvape-epetite

以前は「電子タバコ」と大雑把にひとくくりだったのですが、電子タバコの中でも液体(リキッド)を蒸発させて吸うタイプをVAPEと呼びます。iQOSはタバコの葉を加熱して吸うのでヴェポライザー、ploomtechはタバコの葉に蒸気を通して吸うハイブリッドヴェポライザーと言えるでしょう。まあ全て蒸気なのですべてがVAPEとも言えるのですが、液体を蒸気にして吸うタイプの電子タバコを指してVAPEと呼んでいます。

VAPEの特徴

VAPEとタバコの違い、特徴やメリットをご説明できればと思います。

タバコの葉を使用しない。

iQOSやploomtechはタバコスティックと呼ばれる短いシガレットのような見た目のカートリッジを差し込んで吸います。要するにタバコの葉っぱです。VAPEは液体を入れるだけなので、タバコの葉っぱ自体を使いません。タバコスティックはタバコそのものなので、1本ごとにたばこ税が掛かります。国たばこ税、地方たばこ税、たばこ特別税、消費税です。

タバコ葉を使わないVAPEに関してはそれらの税金は今のところ関係ありません。増税におびえなくて済むようになりますね。まあいつかリキッド税なんかが掛かってしまうかもしれませんが・・・。

リキッドの種類がほぼ無限

ploomtech・IQOSなどの電子タバコでは、味も当然タバコ味がメインとなって、そこからのバリエーションが数種類といった感じになっています。

VAPE用のリキッドは国内外問わず次々とリリースされており、毎日違うリキッドを買って吸ってもとても試しきれないほどの種類です。

タバコ系だけではなく、フルーツ系、スイーツ系などタバコとは全く関係ないフレーバーがあるのもVAPEの魅力となります。多数あるリキッドの中から自分に合った美味しいリキッドを探すのも楽しみの一つとなっております。

匂いや汚れがない

部屋や服、口が臭くならない。壁や歯が黄色くならない。灰が飛び散ってキーボードの間に入り積層してシフトキーが効かなくなる(実話)などの、タバコで良くある汚れからの全解放。臭くならないどころか、部屋がフルーティーな香りになったりします。車の中でも余裕シャクシャクで吸うことができます。ただリキッドこぼしてズボンビチャビチャ(実話)などはありますので気を付けてくださいね。

また、グリセリンを使うこともあって窓が少しヌルッとしたりはありますが、水拭きすればすぐに取れる程度のものです。

デメリット

もちろんメリットがあればデメリットもあります。

 運用がめんどくさい

IJOY-20700

タバコとライターを持って出かけるのに比べると、VAPEは手間が掛かるのは事実です。事前にバッテリーを充電しておかなければいけませんし、出かける際にはリキッドの用意、まずくなった時にはコイルの交換etc. 慣れてしまったらなんてことも無いのですけど、最初のうちは手間取ってしまうかもしれません。

慣れてくるとその手間自体も楽しめるようになってきます。

見た目が怪しい

いくらVAPEが普及してきたとはいっても、一般的にはまだまだ認知されていません。非喫煙者からしてみたら尚更です。一昔前は職質も当たり前でしたが、今でも決して皆さんが知っているものではありません。爆煙を目にした人は「なんだあの変なの吸ってる奴・・・怖」っていう認識だと思います。

逆に言えばVAPEする側が気を使って、怪しまれないようにしていかなければなりません。そもそも、VAPEと言えどパブリックな場所で吸うものではないですが、正直なところ喫煙所でタバコ吸ってる人から見ても怪しいと思います。

iqos・ploomtechの登場でだいぶ皆さん慣れてきた感じがしますけどね。VAPEを吸っていて、人に何それ?って聞かれても長々説明せずとも「IQOSみたいなやつです」で簡単に納得してもらえるようになりましたがw

簡単に買えない

あっ、家に置いてきちゃった!っていう時に、タバコならコンビニ入って買うだけでOKですがVAPEだとこれはもうドーシヨーもないです。エアVAPEするしかないです。

もっともっと普及すればIQOS・ploomtechのようにコンビニで購入できる日がくるのかもしれません。

人によっては大変なお金が掛かる

VAPEとは恐ろしいもので、大して味も変わらないのに何十個もアトマイザーが欲しくなったり、何十個もバッテリーが欲しくなったりします。レア物をもっていると羨望の眼差しで見られ、古い本体を使っていると「まだそれ使ってんのナツい」くらいの勢いでもあります。

高い本体の方が強い

くらいの認識も一部ではあり、非常に恐ろしい世界です。「あいつの方が強い本体もってるのゆるせない」ということになると、お金を使わざるを得ないのです。

何しろ我々には、

「タバコ吸ってたら月何万も使ってたもんな」

というエクスキューズが最初から用意されているのです。

そしてガマンする為には強い自制心が求められますが、禁煙できなかった私には最初から自制心など備わっていません。なのでこれからも存分に買い漁りたいと思っております。

物欲と戦うことができれば、タバコより圧倒的に出費は少ないはずなのですが・・・。

有害物質が出てるって聞いたけど?

正直たばこを吸っていた我々が今頃害について気にするというのはおかしな話なのですが、やはり意味の分からないものを吸うとなると実際の所は気になってしまいますよね。

なんかホルムアルデヒドとか出てたりするらしい

VAPEからホルムアルデヒドが検出されどうのこうのというニュースがありました。もともとタバコでホルムアルデヒドを始め、ありとあらゆる有害物質を存分に摂取して来た私に言わせれば、そんなもの少しくらい出したければ出せばいいじゃんって話なのですが、まず最初に私が言いたいのは、そもそもタバコを吸っていない人がVAPEをすることは決してオススメしません。

実際危ないもの入ってるの?

これは入っていないとは言い切れません。しかしVAPEも広まってきて「ヘンなリキッドを吸いたくない」という風潮も当然のように広まりました。今ではマトモなメーカーが作っているリキッドには材料として、おかしな物は入っていません。

あの液体は一体なんなの?と言えば主には以下の原料になります。

VG・PG・香料・甘味料・(メンソール・清涼剤)

基本これだけです。

香料・甘味料はわかるけどVGとかPGって何だよ!って思われますよね。

VG(ベジタブルグリセリン)→ wiki

PG (プロリピレングリコール)→ wiki

まあこれをVAPEに突っ込んで気化させるとどうかは、実の所誰も知りません。しかし少しばかり飲んでも害のないものですから、大したことはないだろうというのがベイパーたちのぶっちゃけた所・・・いやいや勝手に代表してはいけませんね、私が思う所です。

香料に関してはリキッドによって元の材料が違いますので一番気になる部分です。

少なくとも、私の場合はタバコを燃やして吸いこむという習慣から離れられて体調が良くなっております。とくにタバコを吸いすぎて翌朝喉がシガシガするような事が無くなりましたし、セキや鼻づまりもマシになったと感じています。

タバコよりはマシだろう・・・というシロウト考えです。

リキッドの保存方法は?

上記のとおり、VAPE用リキッドというのは食品みたいな物ですので、基本的には冷暗所で保存することをオススメ致します。冷蔵保存することがベストなのかもしれません。しかしリキッドの種類によってはメンソール分が結晶化したり、成分が分離したりすることも考えられますので、私の場合は単純に直射日光の当たらない棚の中に仕舞っています。

このような運用方法で何年も吸って来て、VAPEリキッドが腐ってしまった、マズくなってしまったということはありませんので、特に問題ないものと考えています。もちろん開封後は極力早く吸ってしまうのがよいのでしょうけど、空気に触れさせてスティープ・エイジングしたいと言う人もいたりして、もう好みの問題になりますね。

基本、よっぽど劣悪な環境に置かない限り大丈夫と考えて良さそうです。

スティープとは?

ワインを寝かせたりデキャンタージュするように、VAPEリキッドも味が変化します。具体的にはわざとらしい香料っぽさやアルコール臭などのケミカルっぽい匂いが飛んだり、甘味料が馴染んで甘く感じたりします。

これが良い変化だったり、単に香りや味が抜けたと感じたりします。これはリキッドによって異なったり、その人の好みによってガラっと変わってきます。これを自分なりに見極めるのも一つの楽しみかと思います。

自作リキッド

VG・PGは薬局などで買えますし、香料と混ぜ合わせて好みのリキッドを作ることができます。

香料についてもVAPE用に特化して、VG・PGと混ぜ合わせるだけで簡単にDIYリキッドが楽しめます。リキッドの費用が安く済むというのが一番のメリットですが、中にはリキッドを自分で作ると言う事自体を楽しみにしている方も多いです。

ニコチンについて

リキッドの話となれば、切り離せないのはニコチンについて。国内ではニコチン自体が販売できません。販売だけではなく、譲渡もできません。ですので国内ショップで販売されているVAPE用のリキッドというのは全てノンニコチンです。

私がVAPEに乗り換えて知り合い皆に聞かれたのは「IQOSとかと違って、それニコチン入ってないんでしょ?」です。

自分も相手もどんだけニコチン中毒なんだという話ですがw

ですが実際はかなり多くのVAPE使用者がニコチン入りのリキッドを喫っています。私ももちろん例外ではありません。

さっき買えないって言ったじゃん!って思われるでしょう?実は外国から個人で消費する分を輸入することは問題ありません。ですから皆さんニコチン入りのリキッドを喫っているのです。

そしてニコチン入りのVAPEリキッドだけではなくて、無味でニコチン濃度が高いリキッドというのがあります。それをノンニコチンのVAPE用に味が付いてるリキッドに少量混ぜてニコチン入りリキッドにしています。

ニコチンが毒物であるのに変わりはありませんので、取扱は極めて慎重になる必要があります。

VAPEで禁煙できるの?

僕が思うにニコチン入りのリキッドを使ってるってことは、そもそも禁煙自体していないんですよね。ニコチンを摂取してるわけですから何も我慢してないです。あぁータバコ吸いたいと思ったらVAPEすればただちに解決。

私もパイプや葉巻を喫っていたので、それらをじっくり楽しむっていうのは単なるニコチン補給ではない楽しみがあったのですが、VAPEするようになって非常に頻度が減りました。年数回レベルです。

海外のVAPERさんは、しばしばVAPEへのトランジションと言う表現をしていますが、これが正しいと思いますね。日本語で言えば切り替え、乗り換えでしょうか。

ニコチンを摂取する道具をタバコからVAPEに変えただけ、ということです。本当の意味での禁煙は、脱ニコチンして更にVAPEすらやめられたということでしょうからね。

話がそれましたが、VAPEは禁煙具ではありません。しかし紙巻からVAPEトランジションすることは全く問題なく可能です。

オススメのVAPEは?

VAPEには大ざっぱに分けて何種類かあります。

・シガレット型
・オールインワン型
・アトマイザー・バッテリー別体型
代表的なものはこのあたりです。オススメの機種を紹介しつつ、各タイプの特徴を説明いたします。

シガレット型

まさにタバコの形をしたVAPEです。見た目がタバコと大きく乖離しないので、とっつきやすさでは一番ですね。

特徴としては

  • 軽量コンパクトなので胸ポケットなどにすっと入れられる
  • バッテリーの持ちは良くない
  • 味やミストの量は他の型に比べて劣る
Vape Only/MALLE(シガレット型 )レビュー
シガレット型と言えば最後に使っていたのは510マニュアルバッテリー+CE2でした。えっふんです。 逆にオラワクワクしてきた...

Vapeonly-malleが代表的です。ひと昔前はこのシガレット型が主流だったのですが、今となってはやはりバッテリー持ち・味などの面で「どうしてもタバコの形じゃないとダメ」という方以外にはお勧めしません。

やはり、ひと昔前の「電子たばこ」といった感じで、「VAPE」というような味・ミスト量は出せません。

オールインワン型

タバコの形状から離れ、バッテリーとアトマイザーが一体になっているタイプです。

細かく分ければ超小型・ペン型・ボックス型などありますが、いずれにしても買えばいきなり使えるという手軽さがウリです。

手に持ってるサイズ感などは動画を見て頂けると分かりやすいかと思うのですが、iqosに毛が生えたくらいの大きさなので、持ち運びにもさほど不便さは感じないかと思います。

eleaf Icare(超小型)

eleaf IJUST ONE(ペン型)

Joyetech eGo AIO(ペン型)

Atopack Penguin(ボックス型)

この辺りが代表的な機種の中でも個人的にオススメできる機種です。基本的に大きくなるほどバッテリーやリキッドの持ちが良くなると思っていただいて構いません。

アトマイザーバッテリー別体型

510と呼ばれる規格のネジで、アトマイザーとバッテリーを繋げて使うタイプ。それぞれ単体でも売られていますし、セットになっているキットもあります。

代表的な機種

Joyetech CUBOX

コンパクトなサイズにハイパワーなバッテリー。持ち運びの手軽さとパワーを両立したモデルです。

Stick QC 200W with MELO 300

スターターキットとは言えないハイパワー爆煙モデル。こちらはパワー調整ができるようになっています。MELOクリアロマイザーに飽きてしまって、他のアトマイザーを買って付けても余裕でドライブできるパワー。問題はでたらめに大きい事でしょうか。