VooPoo Vmate 200W 意外と軽量なデュアルバッテリーMOD | VAPEブログ・もくもく時間

VooPoo Vmate 200W 意外と軽量なデュアルバッテリーMOD

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

あ!これ押しといていただけると助かります。

200Wに対応するデュアルバッテリーMODのVmate。18650バッテリー×2本仕様の割にコンパクトな本体、ズッシリしたMODだろうなーという外観の割に実は結構軽く仕上がっているMODです。

商品提供:vapesourcingさま

VooPoo Vmate 開封

パッケージ開封です。MOD単体と、クリアロマイザーのセットがあるようなのですが今回はMOD単体の商品です。

  • VMATE本体
  • USBケーブル
  • 取扱説明書
  • 保証書
  • GENE Chip Card

※バッテリーは同梱されておりません。

本体外観とスペック

サイズ 高さ89mm*幅47mm*厚み30mm
重さ 111g
素材 亜鉛合金
出力 5~200W
使用可能抵抗値 0.05-3.0Ω(VW時)/0.05-1.0オーム(TC時)
最大出力V 7.5V
TC範囲 200℉~600℉/100℃~315℃

メタリックな質感の本体部と、左右にはウッド調のバッテリーカバー。そして正面は樹脂のパネルがはまっており、中央部はスクリーンとなっています。

バッテリーカバー上部の樹脂パーツが+-のボタン。

逆サイドから。表と同じようなデザインですが、こちらは中央にVOOPOOのロゴが入っています。バッテリーカバーを外す際の切り欠きも見えます。それにしてもカッコいい!そのかわり、ものっそい指紋吸着マシン!

この写真をPCで見て、パネルに保護シールが貼ってあることに気が付きました。きれいだからそのまま使おうっと。ちょっと汚くなってきたら剥がせば2度おいしい(苦しい言い訳)

底部にはGENECHIPの表記が。スクリーン側が盛り上がっているので、表裏は対称な形状ではありません。

510接続部

510接続部は中央。かなり大型のアトマでも無理が無くイケちゃいます。銀色の金属プレート部分が20mm径、その外側のアトマが乗る丸い部分が25mmくらいです。22~25mmのアトマ、どれを載せても違和感がない自然なカーブで具合ヨシ。

かなり固いスプリング式で、コンタクトはやや深め。ヒートインシュレーターやビューティーリングを挟む際には注意が必要かもです。

バッテリーアクセス

左右のウッド調パネルがフタとなっており、独立して外れます。フタの下側は爪、上はマグネットで留まる形。上下・左右とも入れ替えると嵌りません。向きが決まっています。

パネルの質感は非常にイイです。パッと見、本当に木みたい。裏側はボコボコした感じの仕上げになっていて安っぽさがないですね。ちょっと見づらいですが裏側にはL・Rの表記も。

かなりアップで撮ってみても、印刷物っぽさとかはないですね。ほんと良く出来てる。右の方に傷みたいに見えるのは何か反射しちゃったみたいです。ピカピカです。

バッテリースレッド。外す際に引っ張るリボンが付いていますが、ちょっとうまく処理しないと挟まって面倒なことも。本体をコンパクトにするためか、サイズ(長さ方向)はギリギリなのでバッテリーは平行に入れないと入りません。

バッテリーが入ったところです。こうしてみるとサイズがかなり小さいのがお分かりいただけるのではないでしょうか。そしてこのはみ出たリボンがやたら挟まります(´・ω・`)

フタを戻して準備完了!実際のところは、フタの爪を引っ掛けて閉めようとして「あっ左右逆だった!」となって、やり直して今度はリボンが挟まって外してリボンをうまく中に入れて閉めて・・・と言う感じでかなりモタついてしまいました。この辺は慣れでしょうね。

スクリーンと機能

パネルは本体正面にドーンとはまってるんですが、実際スクリーンになっているのはこの写真の通り中央の部分のみ。といっても十分大きく視認性もいいですし、特にワット数の数字は明瞭で助かります。

+-ボタンを同時長押しするとメニューに入ります。メニューも簡素で、あまり複雑怪奇な設定はないみたい。GENE CHIPは、爆速の立ち上がりで気持ちよく使ってね!というCHIPのようです。

モード切り替えはパフボタンの3クリック。VWと各種TCがあるだけ。メニュー内にあるメモリー1~5のモードでパワーカーブやTEMPカーブも使えるようになっていますが、メインの所では色々細かい設定が出なくて使いやすかったです。

Vmateを使ってみた感想

カンタン操作、立ち上がりの良さ、何よりルックスの良さで使い応えのあるMODでした。非常に特徴的なのがボタン類。MODのトップ部に集約されているお陰で、片手でしっかり持って人差し指と親指でビシビシ操作できるのは気持ちいいです。

スイッチの押し心地はやや硬めでクリック感が強め。ただ、上部に付いているためリキッド漏れには気を使いそうです。特に最近のメッシュコイル採用の大型クリアロとかは、油断して立てて置いていると結構な量のリキッドがエアホールから出ちゃってた!なんていうことが良くあります。そのままボタンの隙間に流れ込んでしまうので注意が必要かと思います。

~25mmまで、どんなアトマを載せてもシックリくるデザインはお気に入り。特にULTEMキャップと合わせると、実にカックイーと思いました。一つ前の写真は25mmのcascade baby、こちらの写真は22mmのDiggieですが、どちらもイイ感じ!

私が使っててウーンってなったのはすんごい指紋が付くという所です。パネル、本体、バッテリーカバー全部がピッカピカなので仕方ないですけどね。サラッとした持ち心地が好きな方にはオススメ致しかねる部分でした。

バッテリーカバーは最初は結構面倒だなーと思っていましたが、しばらく使っていると慣れました。また、カバー部分は装着すると隙間やガタが非常に少なくてソリッドな感触です。せっかく見た目が良くてもこういう所がガタガタしてるとチープ感が出ちゃいますから、若干装着に手間取ったとしてもガッチリが嬉しいです。この辺りさすがVOOPOOという感じ。

そうそう、111グラムという見た目からは想像できないくらい軽量に仕上がっているのもポイントが高いです。もちろん外装が全部プラのMODに比べたら若干重いのですが、この見た目にしてはかなり軽いと思いませんか?かなり薄い外装で内部のフレームにはプラを使っていたり、バッテリーカバーも同じくウッド調でうまく処理されています。またバッテリーカバーがアーチ形状なので薄くてもペナペナした感じもなく、ガシッ!とした握り心地で使っていて気持ち良かったです。

VOOPOOのVmate、カラバリも豊富なようですのでぜひチェックしてみてくださいね。スタビ調の赤青とかだいぶカッコいい。

VOOPOO Vmate TC Box Mod 200W(vapesourcing)

///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////