【VAPE】EGO-C twist到着 | もくもく時間!

EGO-C twist到着

シェアする

↑ あ!これ押しとていただけると助かります。

EGOバッテリー(900mAh)を1本を充電して2本を持ち歩く3本体制で、1年9か月使ってきました。バッテリー自体は全くヘタらず2本目へのチェンジ頻度も多くない位でした。

もう一生使えるんじゃないかと思っていたのですが、電池の前に外装がボロボロになってしまいました。ペーパーをかけてピッカピカにしてもいいかな~と思っていたのですが、EGO-C twistが気になっていたのでこれを機にポチリ。

可変電圧やHVっていうとMODばりばりな人以外使えないようなイメージがありますが、これなら俺もTSUEEEEできる!!できなくてもEGOバッテリーとしては問題ないはず!!と2本ポチリ。

で、待望の商品が本日届きました!
$もくもく時間(タイム)
下がEGO(900mAh)、上がtwist(650mAh)。

と、とてもおおきいです!!!
スペックを見て長いのは承知でしたが、実際手にもつと収まり具合が大分違います。色もだいぶ違いますね…変色したのか仕様変更か?スチールというよりアルミ色で、EGO-Cの色ときっちり合うようになった点は嬉しいですね。

とりあえず各種アトマ洗浄中だったので、IMISTを組んでもくもくしてみました。

電圧目盛が3.2V~4.8Vまで振られています。3.2はノーマルEGOより少し火力ないのかな、という感じです。さあ次に待望の4.8V。

これはもう10cm先も見えない程の強烈なモーモー状態で、僕のなかではスモッグ警報発令中っていうかテンション急上昇っていうかもうあれです。119番です。

以前JantyStickを使っていた時に510LRアトマを買って、カートをカッターでぶったぎってDTした時は、とりあえず地球では最強になったなと思っていました。今思うと、どうやら間違いでした。自分がかつて体験したことのない爆煙です。

ただIMISTやEGO-Cの場合は自分の使用しているリキッドだと補給がどうにも追いつかず、イガってしまうことが多いのです。ですからダラダラ吸いのときは3.2Vで、ここぞという場面では3.5~3.8Vあたりで勝負する所存です。

えっ勝負所ですか?知人友人が普及型電子シガレットを持ってきた時です。ここで奴の53万倍くらいの爆煙を吐き出してやれば、e-cigの虜になることは間違いありません。数週間後には管のついた懐中電灯みたいな巨大MODを会社まで持ち込み、会社の人たちに「彼なにかあったの?」と心配されてしまう一端のe-cig使いに変貌を遂げさせてあげるわけです。

さて、次にノーマルアトマで電圧を上げて試したいのですが、残念ながら2012年の地球ではノーマルアトマが絶滅しているため、今度何か注文する際についでにノーマルアトマを入手してみたいと思います。特にEGO-Cの非LRに期待したい。

そんなわけでEGOtwist、オラとってもわくわくしてきたぞ!!

*1 メンソ液やニコリキをDTしてスースーカッカして楽しむ手法

にほんブログ村

あ!これ押しとていただけると助かります。
 ↓

ベプログ

シェアする

フォローする