Ghost Inhale RDA by AVIDVAPE ボトム&サイドフローで爆煙 | VAPEブログ・もくもく時間

Ghost Inhale RDA by AVIDVAPE ボトム&サイドフローで爆煙

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

あ!これ押しといていただけると助かります。

Ghost Inhale RDA

以前GhostInhale RTAとクリアロタンクをご紹介させて頂きましたが、同じシリーズでRDAがリリースされました。ボトムエアフロー+サイドエアフローで、がっつり爆煙が楽しめるドリッパーです。

商品提供:Avidvapeさま

パッケージ

透明ケースが厚紙のスリーブに入ったパッケージです。丁度カラー展開の写真が載っていますね。ステン・ブラック・ブルーの3色です。

裏側にはアトマの概要と内容品が記載されています。「ボトム&サイドフローでクラウドチェイシンしちゃってね!」というような事が書いてあります。あとは斬新なデッキの説明ですが、それは後程画像を見つつ。

付属しているのは予備Oリング・予備デッキネジ、510ドリップチップアダプター&510ドリップチップ、BFピン、そしてコイルです。あとはマイナスドライバー。

外観

デデンデンデデン(ターミネーター感)

あれ?ドリップチップが黄色系のレジンですね。パッケージでは赤系のものが付いていましたが、ひょっとしてランダムなのかな?

GhostInhaleシリーズで共通の炎のようなマークが正面にあります。スリーブには幾何学的なラインが走っています。

逆サイドにはGHOST INHALEの文字が。24mm径×高さ26mm(510接続部とドリチ高さ除く)。24mmRDAとしてはスタンダードなサイズ感です。

トップ側。810ドリップチップですのでアトマ本体側にOリングが入っています。なかなかしっかりしたOリングで変なグラつき等もありません。頭部にはギザギザの彫り込みがあり、エアフロー調整の際に回しやすくなっています。

底部。金メッキでギランギランです。ポジティブピンは案外出ていませんが、最低限の出しろはある感じ。このネジはアジャスタブルになっています。BFピンのこの外部から見えるネジだけを交換するようになっていますので、ピン交換時にはパーツが何も外れずに簡単に交換可能です。

顔みたいなエアフロー穴。上段の2つ穴がサイドフロー、下段の横長の穴はデッキからのボトムフローです。サイドエアフローは完全に閉じてボトムフローのみで使う事も出来ます。上段のサイドエアフローの穴は若干下向きになっています。

デッキ・スリーブ・トップキャップ・ドリップチップに分解することができます。

トップキャップ

こんな感じで組み合わせて、サイドのエアホールを調整することができるようになっています。ただボトムのエアを調整するために回転させるとサイドホールの位置も変わってしまう点には注意です。といってもアトマの性格上ボトムエアフローは開けっ放しで使うことが多そうです。

クラウドチェイスRDAなのですが、何気にシングルコイルに対応しているのは嬉しいです。  いつも横にもう1個穴開けるだけでシングルで使うんだから開けといてよ・・・と思うのですが、GhostInhaleはちゃんと開いてました。

デッキ

金メッキでド派手なデッキです。パッと見た感じでは2ホールなのかい?と思うような外観なのですが実は・・・

下部がクランプになっていてベロシティスタイルデッキのような組み方が出来ます。勿論ベロシティとは違って横から締めるのではなくて上からネジ、下からはクランプなのでフューズドクラプトンのような扁平ワイヤーでも組みやすくなっています。

アトマイザー中央にBF運用時のリキッド出口があるのですが、ここが実はクランプを締めるネジになっているのです。隙間にドライバーを入れてクルクルと回してやると、下段のクランプを動かすことができます。

ボトムエアフローは3ホール×2で、若干内側に向かって斜めに出てきます。クランプ下部は空洞になっているため、ウェルも広くリキッド保持量もかなり多いです。

ただ、BF時は一切吸いもどさない(リキッド出口がエアホールより高い位置)ため、ボトルの押し過ぎには注意が必要です。

510ドリップチップアダプター

アダプターと付属の510ドリップチップを取り付けた写真がコチラ。アダプターが飛び出すタイプですが、見た目・咥え心地とも違和感なく使えます。

ビルド&ウィック

太いワイヤーでどんな感じか見るために、まずは付属のコイルを組んでみました。上段の穴も十分に余裕があるので、かなり太いワイヤーまで組めそうです。また、下段がクランプで左右方向にある程度遊びがあるため、コイル幅も自由度が高そう。

そういえばボトムエアフローの入口は大きく横長に開口しています。内部で一回り小さな3ツ穴になっていますので、横から入ってボトムフローになるRDAで発生するドロー時の風切音が低減されています。

爆煙タイプということで、24ゲージで巻き数も少し増やしてハイワッテージで喫えるようなセットにしてみました。コイル高さはこの写真くらいの感じでサイドエアフロー真正面より気持ち上程度です。(エアーがコイル下半分に直撃するくらい)

これはデュアルもかなり組みやすいです。まずワイヤーを入れたら上段で仮止めして、両方のコイルがいい位置に収まったら中央ネジでクランプを上げておしまい。苦手なデュアルコイルビルドもストレスなく完了しました。

なんか片方コイルがたがたになっちゃいましたが、コットンも通して完成!

Ghost Inhale RDA使用感

まずイイ所はエアフローがスムーズ。爆煙RDAということで全開でめいっぱいドローをすることがあると思うのですが、変な音とかジェット機みたいな風切音もなくスォーーーー!と喫えます。

サイドフローが若干下向きになっておりミスト温度も下がって、爆煙DLがむせる私でも思い切りイケました。

サイド全閉で使えば、フレーバーRDAとしても十分使えますが、なんかせっかく穴あるのに閉じて使うのって悔しいですよね。

AURA RDAと似た構造になっているわけですが、ボトムフローを調整しようとスリーブを回すと、一緒になってサイドホールも動いちゃうのはなんだかムズっとします。

しかし、このRDAはパッケにもクラウドチェイサーと明記されています。細かいエア調整とか気にせず、ドカンと全開で思いっきり爆煙を楽しむのが正しいスタイルと思われます。

そのために巨コイルが組みやすいデッキになっていますので、クラウドチェイサーとしての出来は非常に良いと思います。


Avidvape Ghost Inhale RDA(Heavengifts)

///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////