Joyetech Procore Air Plus 爆煙まで対応のクリアロマイザー | VAPEブログ・もくもく時間

Joyetech Procore Air Plus 爆煙まで対応のクリアロマイザー

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

あ!これ押しといていただけると助かります。

Joyetechから発売されておりますクリアロマイザーのProcoreシリーズはProCAシリーズのコイルヘッドを使用し、フレーバーから爆煙まで万能に楽しめるクリアロです。その中でも大容量のカラータンクを採用して、MODとの色合わせも楽しめるProcore Air Plusのご紹介です。

商品提供:Vapesourcingさま

Joyetech Procore Air Plus パッケージ

今回使うのはブルー!パッケージもきれいだし、横は剥がすと痕が残るホロシールみたいなもので封がされています。さすがjoyetech。

裏面にはサイトのQRオーセンティック品であることが確認できるコード(スクラッチでこすると出てきます)。公式サイトでチェックできますよ。

同梱品は非常に簡素で、予備タンクとパッキン類、説明書&保証書とコイルの紹介。タンクは本体にはカラータンクが予め組まれていますが、予備は透明のタイプです。

ストレートタンクとバブルグラスタンクが付属しているパターンが最近は多いですが、こちらのProcore Air PlusはProcore Airのデッカイ版という位置づけなので大容量タンクのみ。

Procore Airの2.0mlというリキッド容量に対してPlusでは5.5mlと3倍に迫る大容量なので、パワフルなコイルを選んでがっつりと喫えるクリアロになっていそうです。

http://www.mokumokutime.com/starter/espion/
↑Procore Airはこちらの記事で紹介させて頂いております。

Procore Air Plus 本体

青いしすげぇでけぇわ!

見た目は完全にProcore Airと同じでタンクがデカくなってるだけですね。Espion Infiniteと組み合わせられていたProCore Conquerとも外観違いの兄弟モデルという感じです。

http://www.mokumokutime.com/ecig/espioninfinite/
↑Conquerの記事はこちらです。

以前のProcoreシリーズ

Procore Air

ProCore Conquer

やはり基本的には殆ど一緒ですね。

PLUSの写真に戻りますが、サイド部分はこんな感じです。エアホールは向い合せに2箇所。透明感のあるドリップチップと、ブルーの色付きタンクはなかなかイカしています。

サイズ

ベース直径・25mm
全高・56mm
リキッド容量・5.5ml
付属コイル: ProCA 0.4ohmコイルヘッド

カラー展開

派手すぎるカラー展開!最近はこういうのがウケてるんでしょうか。凄い。

トップキャップ&ドリップチップ

リキッドチャージはトップ部を横にシャキッとスライドして行うタイプ。▲マークが入っていますので、ここを横に押すとリキッドチャージの穴が見えてきます。

シャキッ!快適!もちろんドリップチップを付けたまま行えます。ドリップチップはハーフインチサイズに近いですが、ドリップチップ側にOリングが付いています。ちなみにProcoreシリーズはドリップチップも単品売りされているので好きな色で楽しむこともできちゃいます。

510接続部

底部です。こちらはフローティングピンなのでメカには使われないことをオススメします。

エアフローコントロール

超大型のエアホールが向い合せに二か所。調整リングは程よい硬さです。風切音は多少しますが、変なピー音はしませんでした。軽いドローの範囲内でも、なかなかうまく調整できると思います。

分解してみる

相変わらずOリングが固着してる。隙間に糸をグルグル巻きつける作戦や、ガムテを貼りつけて引っ張る作戦で取れるんですが、もうめんどくせぇのでそのまま使いますね。青くてかっこいいし。

大雑把に上下に分かれて、中に交換コイルが入っているだけなのでパーツ数も少なくて使いやすいと思います。


Joyetech ProCore Air Plus Glass Tube 1pc

タンクも単品で色んなカラータンクを入手可能です。ドリチに合わせるもよし、MODに合わせるもよし、色んな組み合わせを楽しめます。

コイル

すごくバリエーションの多いプロコアシリーズのコイルなのですが、こちらのアトマイザーにはProCA・0.4Ωコイルヘッドが2ケ付いています。別売でMTL用から爆煙まで、色々なコイルが用意されていますので好みに合わせて買ってみるのも楽しいと思います。

もちろん最近流行りのメッシュタイプのコイルもあります(Pro CDコイルヘッド)。

Joyetech公式サイトより

どれも割とパワーが必要なコイルなので、大き目のMODと合わせるのが相性が良いかもしれません。

付属のCA0.4Ωは大径コイルでDL向けのものになります。おすすめのワッテージ設定は55~65W。

Procore Air Plusを実際に使ってみる!

なにしろパワーが必要なアトマイザーということで、Infiniteと組み合わせてみましょう!

と申しましたが、これProCore Conquerのホントただの外観違いなんですよ。なので同じことをもう一度書くことになっちゃいます(・ω・)

大きさも殆ど同じ。エアホール形状とかも同じです。Conquerは外観がゴツゴツしてるだけ。

なんならパーツも互換性アリ。

それにしてもド安定の、特に悪いところがない感じの爆煙タイプクリアロマイザーです。とても多くプロコアシリーズの展開をしてコイルに互換性を持たせている所からも分かるように、Joyetech的にも自信作なのではないでしょうか。ハイパワーでガンガン喫ってもコゲないし、熱すぎず美味しいミストがバリバリ上がってきます。

ただCDというメッシュコイルがとってもイイので、Air Plusには付属していないのがちょっともったいない感じ。

PROCOREシリーズ共通で、中途半端なリキッド残量で立てて置いていると滲むというのがあるので、長期間放置するときはひっくり返しておくと良いと思います。(もちろん吸いきってしまうのが一番)

リキッドチャージも簡単、コイル交換も簡単で、しかも5.5mlとたっぷり吸える大容量タンク。カラーバリエーションも豊富、タンク・ドリップチップもそれぞれ単品で入手可能。もちろんコイルも国内外問わず入手がカンタンということで、爆煙やってみたい!という初心者の方から爆煙指向の上級者の方まで楽しめるクリアロマイザーかと思います。

もちろん、コイルによっては抵抗値がかなり低かったり、ハイパワーを掛けないと立ち上がらなかったりということがありますので、十分余裕のあるMODで使うことをオススメ致します。

Joyetech ProCore Air Plus Tank 5.5ml

///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////