DIGIFLAVOR DROP SOLO レビュー。 | VAPEブログ・もくもく時間

DIGIFLAVOR DROP SOLO レビュー。

シェアする

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

あ!これ押しといていただけると助かります。

以前ご紹介させて頂いた、DROP RDAのシングル版といった位置付けの製品です。

DIGIFLAVOR DROP RDA 不思議なエアフロー。
なんだか最近Digiflavorづいてますが、新作ドリッパーのDROPです。 こちらのドリッパーはThe Vapor Chro...

今回はシングルコイルでビルドも簡単そう。あえて少しシンプルにして22mmサイズになり、見た目も少しすっきりしたDROP SOLO。

商品提供:3AVAPEさま

DIGIFLAVOR DROP SOLO パッケージ

箱にはTVCロゴ!The Vapor Chroniclesさんというyoutubeで古くからVAPEレビューをされているチャンネルです。前回のSOLOに続いてTVCコラボのアトマイザーです。

TVCさんの方ではSOLOができるまで、ということで動画を作られていて非常に興味深いので是非こちらもチェックしてみてくださいね。

なんかもうビックリマンのヘッドかよってくらいキラキラしてますが、オーセンティック品であることを証明するシールや、箱の封印シールがバッチリです。

DIGIFLAVOR DROP SOLO 本体

開封してみると、DROP SOLOの抜け殻みたいのが入っています。これはPMMA製の外装で、クリアバージョンも楽しめるようになっているんです。すっごいお得感。

DIGIFLAVOR公式サイトより

ちなみにカラバリはブラックとゴールドもありまして、それぞれ写真のような色違いの外装SETが付属しているようです。

パッケージ内容はSOLO本体の他、

  • PMMA外装セット(トップキャップ・スリーブ・ビューティーリング・ドリップチップ)
  • 510ドリップチップ用アダプター
  • ドライバー・六角レンチ
  • 予備ショートパーツ類(ネジ・Oリング)
  • BF用ポジティブピン
  • コイル2ケ(フューズドクラプトン)
  • 取扱説明書・保証書

と盛りだくさんな内容になっております。デッキネジはデフォルトではマイナスネジが組み付けられていますが、予備で六角穴付のセットスクリューも入っておりました。六角が好きな方は付け替えて使うこともできますよ。

本体は前回のDROP RDAのツートーンカラーから、ぐっとシンプルな外観となりました。全体的に高級感が増した感じ。スリーブがはまりこむ形状は継承しています。

サイズは直径が22mm、高さは約24mm(ドリチ・510ピンを除く高さ)。元祖DROPは24mm×26.5mmでしたので、かなり見た目からしてコンパクトになっています。

これが前回のDROP。良く見るとエアホール形状なんかも全然違いますね。

トップ部はかなり指掛かりの良い形状をしています。ただ引っ張って抜く方向に関しては力が掛けにくいので、外す場合は少し気合が必要です。気合を入れても抜けない場合もあります。

ドリップチップはハーフインチ。がっちりはまってくれます。この透明ドリチなかなか格好いいです。510アダプタも付いてますが、結構なエアー量を誇るRDAなのでハーフインチで使うのがメインになりそう。

アトマイザー底部。510ピンはマイナスで固定式。もちろん付属のBFピンに変更することが可能です。出代は充分にあるように見えます。

バラしてみます。

トップキャップ・ドリップチップ・スリーブ・デッキ。それぞれ結構厚みがあって、なかなか重厚な作りです。

トップキャップには段々になっているエアフロー調整機構が付いており、回すことで穴一つづつコントロールできるようになっています。上から順に閉まって行って、最後は最下段の穴一つだけ残る感じですね。

エアホールの作りもとっても綺麗です。

スリーブの凸凹はデッキと嵌め合いになるようになっていて、適当に方向を合わせてハメてあげれば位置がビタッと決まると同時に、スリーブの空回りを防いでくれるようになっています。

デッキ

DROPの片側がごっそり無くなったようなデッキ。TVCさんの動画で、プロトタイプではポストが互い違いになっているバージョンも披露されていましたが、最終的にはコイルの位置合わせがしやすい片側ポストになったようです。

コイルは1つなのにエアホールは向かい合わせに開いているという少し変わったドリッパー。

ポストの上からコイルを突きさすようなデッキで、余った足が切りやすいような形状になっています。 後程ビルド写真を掲載しますのでご確認ください。

ネジ穴とかの作りも綺麗です。スリーブが分厚いので案外デッキ内部はコンパクト。とは言っても邪魔するものが殆どないのでウェルはかなり広大。リキッドをドバゥ!とドリップしても余裕で保持してくれそうな感じです。

ネジは側面から締めます。このネジが先に申し上げた、六角ネジにも変更できる所です。嵌め合い形状と、2本のしっかりしたOリングで保持されるためスリーブのグラつきもなくカッチリした感触です。

PMMAパーツについて

実はこのPMMA外装はノーマルの金属外装と少し形状が異なっています。エアホールが2×4段になっているんですね。トップキャップ・スリーブが少しづつ短い。スリーブは1.5mmくらい短く、トップキャップはAFC部のハネが一段少ないです。

少しだけ低いのです。なので金属トップキャップ×PMMAスリーブという組み合わせは出来ません。デッキにハネが当たっちゃって閉まらない。

たった1.5mm低いだけなんですが、ほぼスクエア形状になるためハッキリとロープロファイルに見えます。あっ、このストレート型ドリップチップもちゃんと外れます。ハーフインチドリップチップなので先ほどまで装着していた純正ドリチはもちろんのこと、手持ちのドリップチップに換装することも可能です。

ビューティーリングは金属スリーブでも使えますし、PMMAトップキャップを金属スリーブに着けることもできます。ただ羽根が一段ないので最下段が閉められないですが。

まあ最下段まで全部を閉めることはほとんど無いと思うので、この状態でも使うのに特に困ることはありません。見た目なかなかよろしくないですか?好きです。

DROP SOLO ビルド&ウィック

TVCさんリスペクトで付属のヒューズドで。シングルコイルなのに両側からガンガンとエアーが入ってくるドリッパーなので、おそらく大きめコイルを前提に考えていると思われます。

この写真の通りワイヤーの余った部分が下にピローンと出ますが、ニッパが入りやすい形状なのでこのままカットすることができます。今回はあとで位置調整するかもなので、とりあえず残しておきます。

そのままムリィィとコイルを横に曲げてあげれば完成。ビルドはカンタンです。高さも調整しやすいですね。

予め一度キャップを付けて位置を確認してみたのですが、おおよそ中央には来ていたようです。少しズレてますが細かい事は気にしないタイプ。DROPでも高めコイルが具合が良かったので、とりあえず高さはこんな感じで。

本家のTVCさんはコイルを穴の上下から互い違いに通したり、下から通して低めセットしたり、バーチカルビルドもされていたので動画で見てみてください。ビルドの自由度が高くてなかなか遊べるポストです。

そうそう、BFピンはめちゃくちゃ長いです。ウェルに入ってきたリキッドは出っ放しになりますのでタプンタプンです。もうちょい短くても良かったんじゃw

バーチカルビルドとかすると当たると思います。その場合はノーマルピンでお楽しみください。

DROP SOLO 喫ってみます!

RSQで。

これはなんていうか、まぎれもなくDROPです。コイル直当てじゃなくても、気流で中のミストをモソッと上げてくる感じ。やっぱりドローが強めで美味しく喫えるドリッパーです。

スケルトン状態もかなりいいです。10ホール×2の20穴全開じゃないとヤダ!という場合は向きませんが、私は2~3段開けが丁度いいのでクリアキャップもとっても使い勝手がいいです。

デュアルコイル版に比べてコイル位置の自由度が高くなったので、かなり楽しめるアトマイザーかなと思います。私が個人的にシングルコイル好きと言う事と、ぐっとコンパクトになってルックスがすごく良くなったので、DROP SOLOは前作にも増して気に入りました!


Digiflavor Drop Solo RDA (3AVAPE)

TVCさんのDROP SOLO紹介動画

///////////////////////////////////// //ここより下にどんどん書いていく /////////////////////////////////////